コメントをお寄せくださる方は個別の記事に飛んでからお願いします。

2020/05/30


20年以上も前に統合失調症にかかり、ずっとたたかってきました。

さまざまな妄想や幻聴・幻味・幻視などの幻覚を経験し、入退院もくりかえしながら働いていました。

入院中やデイケアでは多くの患者らと活動を共にしたりしました。


ゾンビのようになってしまう方がいる一方、病気を抱えながら社会復帰する方もいました。多くはその(ゾンビと社会復帰の)中間の方々かと思います。

自分はといえば、就労は果たせぬものの、幸いよくなっていると感じています。


Patient



気持ちがだいぶ楽になったいま、なぜ統合失調症が改善しない(または、改善と悪化をくり返す)方が多いのか考えました。

身をもって経験したことに基づいて仮説を立ててみました。


統合失調症が改善しない原因は端的にいって次の3つではないかと。

1.薬

2.脳は未解明

3.患者と医者の共依存



1. 薬に頼りすぎが良くないと思います。服用する量が多いほど、期間が長いほど改善がむずかしくなるのではと考えます。


そういう処方(多量、長期間)をされている患者の中には、目や表情、動作が死んでいて廃人のようになってしまう方々が少なくありませんでした。自殺者もいました。

急性期や消耗期には、量と期間を適切に調整することが医者の力量にかかっています。私たちは服薬を守ることが大事です。

薬によっては副作用に思考の混乱や倦怠感など、社会生活に支障のあるものも少なくありません。

病状の波が小さい時や回復期にある時はできるだけ服薬量を減らすのが理想ではないかと思います。

人間の(生物の)自然治癒力あるいはホメオスタシスを信じたいところです。



2. 脳についてはわからないことが多く、いまだに未知の領域とされています。


統合失調症も本当の原因はわかっていません。古代ギリシャからすでに存在していたとされる記録が残っている病気にもかかわらず。

つまりは、どの症状にどの薬が効くのかは経験的にしかわかりません。

しかも患者により効き目が違ったり、副作用も違うので類似の薬をとっかえひっかえ試してみるほかないのが現状です。

医者は患者との問診に頼るしかなく、患者がどれだけ自身を観察し正確に報告できるかが鍵となります。

脳の中でどういう変化が起きていて、どの薬が効いているのかは患者本人だけが知って(体感して)いるのです。


発症の原因の一つに認知の歪みが考えられます。

最初期は、本人にとっては周囲の小さな異変として認識されますが、自分の理解に整合性を取ろうとして次第に世界の大きな異変に気づき、ついには発狂します。

ボタンのかけ違い(認知のゆがみ)を正すには本来のボタンホールにはめるしかありません。

1つめは、正しい情報を得ること。

2つめは、それを健全に判断し健全に理解すること。


でも、言うは易し行うは難し。

最初に正しい情報を得なければ、健全な判断・理解にも至りません。

むずかしいけれど統失の苦しさに比べれば努力する価値は大いにあります。

ただ、世の中そういうもんだとか、仕方ないじゃんとか、そういう発想の人間は精神の異常をきたす心配はないんじゃないかと思います。もともと矛盾を許容しているわけですから。健常者と呼ばれる人の中にも多いはずです。



3. 患者と医者の共依存は、病気をよくするために理性的に努力せず医者と薬にすがる患者と、病院・医院の経営を有利に運びたい医者との共犯関係が、統合失調症の改善を遠のかせます。


悪いことに、統合失調症は治らない病だという前提があることです。

自分の病気のことを勉強すればするほど、回復困難であることを知り落ち込んだことを思い出します。

「寛解」という言葉をご存知の方は多いでしょう。

病気の前と同じ状態の「完治」はしないものの、服薬しながら社会生活を営めるようになった状態を「寛解」と言います。

現状に甘んずることなく、少なくとも寛解を目指して行くべきだと思います。




以上、3つの仮説を述べましたが補足としてもう少し。


障害者とされている私たちですが、このコロナ禍の自粛生活(=巣ごもり生活)は闘病という点では好機ととらえています。


第1に、対人ストレスが最小限に抑えられること

引きこもっていても罪悪感を感じることはないし、外出したとしても人が少ない。


第2に、ボタンのかけ違い(認知のゆがみ)を正せる機会があること

世の中の矛盾や不合理があることを知り、間違っているのは自分でなく世の中の方なのだ(自分が狂う必要はなかったのだ)ということがわかる機会が多いと思います。

例を挙げれば、アベ政権のやることなすことが虚偽・粉飾・改ざん・隠蔽などなど不正の限りを尽くしています。どう考えても、為政者こそ病人としか思えません。いまだに3割以上の支持率があることすら信じられないくらいです。支持者は情弱か利権に絡む人でしょう。

他の例は、自粛警察やSNSでのいじめなどを見ても、社会が狂ってるとしか思えません。不安や文句の矛先が明らかに間違っていますよね。営業している店舗でなく早く補償すべき政府、木村花さんでなく「リアリティ」として演出したフジテレビ、に問題提起するべきでした。


第3に、経済はシュリンクしても障害年金が減ることは当面ないこと

説明は不要ですね。

ただし、今回の経済対策と来たる第2波、3波の経済対策のしわ寄せが遅かれ早かれ増税につながることは確実で、社会保障費も削られる可能性に注意が必要。



今回は、統合失調症が改善しないワケ として3つの仮説を述べました。

1.薬への依存

2.脳(統失)は未解明

3.患者と医者の共依存

そして最後に、統失者としての巣ごもり生活の利点を加えました。


世界を一変した新型コロナウイルスですが、異常事態のときにはおかしなヤツが炙り出されます。世の中にはおかしなヤツがこんなにうじゃうじゃいたんだということに驚きますが、すでに世界の大異変を疑似体験している統失患者ならコロナ禍でも平静を保つことができますね。


そういうテーマの映画をご紹介して終わります。

メランコリア



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/05/27


外出自粛がすっかり解除されつつありますが、いかがお過ごしですか? 


巣ごもり生活によって、運動不足になる人やストレスを溜めた人もいるかもしれませんね。

身体や頭脳のはたらきも鈍ってしまった人が多くても不思議ではありません。


そこで、ちょっと「頭の体操」はいかがでしょうか? 


「バナナテスト」と呼ばれる算数のクイズです。

以下の絵を見て最後の答えを出してみてください。


Puzzle


(シンキングタイム・・・・・・・・)

Thinking


いかがでしたか? 


答えは、「38」です。


えっ!? そんなはずはないって? 


心配しないでください。99%の人が間違えるらしいです。

私も99%のひとりになってしまいました。

まんまと引っかかってしまいました(笑)。


注意深い方は、最後の行のアイコンが微妙に違っていることに気づくでしょう。


1~3行目のヒントから分かるのは、

・1つの頂点が1

・バナナ1本が1

・時針が示す時刻がその数

になります。


4行目の問題は、

2+3+3×11 となり、

2+3+33=38 

と「38」が導かれます。


詳しい説明を知りたい方は、以下URLをご覧ください。


ちなみに解けた方は、以下のボタンをポチッとよろしく願います。


ランキングがご覧になれます。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/05/19


周囲の他人が気にならない人はいないと思います。日本人ならば……。


若い頃(学生時代くらいまで)は、あまり周りを気にせず我が道をゆく、だった私も、気になり出してついには統合失調症を発症してしまいました。

その経緯は、ブログの初期の記事(「002 妻との出会い」以降)に残しています。


周囲を気にして発狂したのは、納得のいかない出来事で自分を納得させるために、因果関係や理屈を組み立てていった結果、無理が生じて自身の精神の方を曲げた結果だと思っています。


発症以降、自分の体調やストレスにより目を向けるようになり、内省するようになりました。

たぶん健常者のままであったら、これほど内省してこなかったと思います。


そしてきっと、多くの統失患者またはこのブログの読者方も似たような(発症後、内省するようになる)経験をされてきていることでしょう。

病気のために社会からドロップアウトしてしまったことは不運でしたが、自身をよりよく見つめる機会を得たことは幸運でした。

もっと言えば、間違っていたのは自分ではなく(日本の)社会がおかしいのだと確信できたことも、このさきもっと生き延びたいという原動力になっています。


ただそう思えるようになるまで、ずいぶんと長い年月を要してしまいましたが、このコロナ禍でほとんどの国民が社会がおかしいと気づいたんじゃないでしょうか。



何十年も前から、この社会(国)の危機について警告を発していた人がいます。

社会学者の宮台真司(61:投稿時点)氏です。

TV、ラジオからおもにネットに活動の重心を移しています。

 


神保哲夫とのニュース解説や、最近はダースレイダー (東大出のラッパー)との対談などを行っています。もちろん著書も多数。


昨夜は、著書『音楽が聴けなくなる日』の出版を記念して「#100分de宮台 番外編」としてZoom座談会をライブで視聴しました。



ダースレイダー を司会役として共著の3人が、話し合います。

(宮台氏は30分ほどの遅刻をやらかしました。)


アーティストの薬物使用による逮捕・活動自粛の系譜を皮切りに、社会や文化の問題を掘り下げます。

話題は1980年代くらいから始まりますので、若い方は知らない話も出てくるかもしれませんが、それはそれで新鮮かと思います。


80年代は、警官であれタテマエとホンネを使い分けていた(つまり、ちょっとのワルサを見逃してくれた)ことを市民の方もわかっていた。

それが 90年代になると、「自粛警察」が跋扈し始めタテマエがすべてを支配するようになる。

クレイジークレイマーやモンスターペアレントが現れ、企業はビジネス的利益を優先して過剰な対応をする結果、クレイマーを増長させてしまう。この状況は海外に理解されないという。

企業は2ちゃんを、政府はヤフコメを通して声の大きな少数者(ラウドマイノリティ)を気にするが、コロナでみんながアクセスするようになると、ラウドマイノリティは本当のマイノリティ(単なる少数者)になってしまった。


そのほか最近の話題では、専門家会議やクラスター対策班などもとりあげ、専門家を盲信する日本人がいる一方、世界では専門家を疑え、が常識であること。

検察庁法改正案をアベが引っ込めたが、法務省としてはなんとしても通す方向に行くだろうとか。


ほんのさわりを紹介しましたが、ほかにも興味深い話がてんこ盛りです。

100分と言いながら大幅に超過したけど、まったく飽きませんでした。



話題に通底するのは、日本人は周り(他人)を気にしすぎるということ。

宮台氏はそれを「キョロ眼厨」と呼んでいます。

キョロ眼厨である原因は、信念がない、コアがないからだ、と断じます。



#100分de宮台 はシリーズ化されていますので、他の回も観てみては? 

きっと、統合失調症にも効き目があるかも。

少なくとも、自信が持てるようになるし、生きる活力が湧いてくると思います。


障害者であっても誇りを持って生きていこうではありませんか。

『音楽が聴けなくなる日』 




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加