コメントをお寄せくださる方は個別の記事に飛んでからお願いします。

2020/05/19


周囲の他人が気にならない人はいないと思います。日本人ならば……。


若い頃(学生時代くらいまで)は、あまり周りを気にせず我が道をゆく、だった私も、気になり出してついには統合失調症を発症してしまいました。

その経緯は、ブログの初期の記事(「002 妻との出会い」以降)に残しています。


周囲を気にして発狂したのは、納得のいかない出来事で自分を納得させるために、因果関係や理屈を組み立てていった結果、無理が生じて自身の精神の方を曲げた結果だと思っています。


発症以降、自分の体調やストレスにより目を向けるようになり、内省するようになりました。

たぶん健常者のままであったら、これほど内省してこなかったと思います。


そしてきっと、多くの統失患者またはこのブログの読者方も似たような(発症後、内省するようになる)経験をされてきていることでしょう。

病気のために社会からドロップアウトしてしまったことは不運でしたが、自身をよりよく見つめる機会を得たことは幸運でした。

もっと言えば、間違っていたのは自分ではなく(日本の)社会がおかしいのだと確信できたことも、このさきもっと生き延びたいという原動力になっています。


ただそう思えるようになるまで、ずいぶんと長い年月を要してしまいましたが、このコロナ禍でほとんどの国民が社会がおかしいと気づいたんじゃないでしょうか。



何十年も前から、この社会(国)の危機について警告を発していた人がいます。

社会学者の宮台真司(60)氏です。

TV、ラジオからおもにネットに活動の重心を移しています。

 


神保哲夫とのニュース解説や、最近はダースレイダー (東大出のラッパー)との対談などを行っています。もちろん著書も多数。


昨夜は、著書『音楽が聴けなくなる日』の出版を記念して「#100分de宮台 番外編」としてZoom座談会をライブで視聴しました。



ダースレイダー を司会役として共著の3人が、話し合います。

(宮台氏は30分ほどの遅刻をやらかしました。)


アーティストの薬物使用による逮捕・活動自粛の系譜を皮切りに、社会や文化の問題を掘り下げます。

話題は1980年代くらいから始まりますので、若い方は知らない話も出てくるかもしれませんが、それはそれで新鮮かと思います。


80年代は、警官であれタテマエとホンネを使い分けていた(つまり、ちょっとのワルサを見逃してくれた)ことを市民の方もわかっていた。

それが 90年代になると、「自粛警察」が跋扈し始めタテマエがすべてを支配するようになる。

クレイジークレイマーやモンスターペアレントが現れ、企業はビジネス的利益を優先して過剰な対応をする結果、クレイマーを増長させてしまう。この状況は海外に理解されないという。

企業は2ちゃんを、政府はヤフコメを通して声の大きな少数者(ラウドマイノリティ)を気にするが、コロナでみんながアクセスするようになると、ラウドマイノリティは本当のマイノリティ(単なる少数者)になってしまった。


そのほか最近の話題では、専門家会議やクラスター対策班などもとりあげ、専門家を盲信する日本人がいる一方、世界では専門家を疑え、が常識であること。

検察庁法改正案をアベが引っ込めたが、法務省としてはなんとしても通す方向に行くだろうとか。


ほんのさわりを紹介しましたが、ほかにも興味深い話がてんこ盛りです。

100分と言いながら大幅に超過したけど、まったく飽きませんでした。



話題に通底するのは、日本人は周り(他人)を気にしすぎるということ。

宮台氏はそれを「キョロ眼厨」と呼んでいます。

キョロ眼厨である原因は、信念がない、コアがないからだ、と断じます。



#100分de宮台 はシリーズ化されていますので、他の回も観てみては? 

きっと、統合失調症にも効き目があるかも。

少なくとも、自信が持てるようになるし、生きる活力が湧いてくると思います。


障害者であっても誇りを持って生きていこうではありませんか。

『音楽が聴けなくなる日』 




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/05/17


つい先日(5月14日)、政府は一部をのぞき緊急事態宣言を解除しましたね。

宣言を解かれたことで、自粛疲れしていた人々はさっそく街や行楽に出ていたようですが、TVのインタビューに答える街ゆく人や店主は、空気を読んで罪悪感を抱いていたり恐る恐るといった様子でした。


きっと多くの人が、まだ警戒心をゆるめていないと思います。

だってこの外出自粛の期間中、つまりコロナ対策すべき猶予のあいだ、政府は主要国に比べて大した手が打てていないことを多くの人が知っていますから。

もっと言えば、中国武漢での感染拡大を知った(少なくとも)1月以降、何も準備していなかったためにダイアモンド・プリンセス号でドタバタ劇を演じてしまったわけです。


ダイアモンド・プリンセス号の件のあとの対応はみなさんご存知のとおり。

アベは官僚の作文を読み上げるばかりで危機感も国民に対する想像力も皆無。

言うセリフは、大げさな形容詞や副詞(「世界に類を見ない」など)と「専門家会議の意見を参考に」という責任逃ればかり。その専門家会議は感染拡大のフェーズが移っても、あいかわらずクラスターの追跡に明け暮れるありさまです。


頑張っているのは、前線に立つ医師や看護師たちを筆頭に、インフラを支える人たちやその人たちをまた支える人たち。頭が下がるしいくら感謝してもしきれません。


政府は外出自粛のコントロールをしていれば、いずれコロナは終息するとでも思っているのでしょうか。


治療薬やワクチンの開発・承認を急がなければ、まちがいなく第2波、第3波……はきます。

しかもタイムリミットがあります。

医師たち・看護師たちの気力と生命が続いているあいだなのです。

私たちができることは、医療関係者に負担をかけないこと、つまりは感染を避けつつ祈ることくらいでしょうか。


そしてアフターコロナは来ないと思います。来るのはウィズコロナの世界です。

lockdown
 


ウィズコロナの世界が到来したら、社会は大きく変わると思いますが、個人的な生活は変わりません。

何しろこれまで10年近く自粛生活をしてきたわけですから。

一般的にはそれを「引きこもり」と言うらしいですが、私は時に「隠遁」と呼んできました。

今は人と接しないことが推奨されるので、むしろ堂々とそしてのびのびと自粛生活=引きこもり=隠遁生活 を送っています。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  




 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/05/06


みなさん、巣ごもり生活いかがですか? 

「引きこもり」というとこれまではマイノリティでしたが、「巣ごもり」と言い換えるだけで今やマジョリティですね(笑)。


外に出ることは滅多にないので、家にはまだマスクの在庫はあるのですが、感染の流行がこれから第2波、第3波と来ないとは言い切れません。


近い将来、マスクが少なくなってきたからそろそろ買い足ししよう、と思っても依然として品薄状態が続いていることも想定できます。

マスク完売
 


いざマスクが必要な時に買えないとなると、エチケットとしては不安です。

ましてや、マスクしてないだけで事件に発展したり、自粛要請に従わない飲食店に対する嫌がらせや、「自粛警察」と呼ばれる「自警団」まがいの一般庶民があちこちで湧いている状況をニュースで知れば、「マスク武装」は最低限のたしなみと思います。


というわけで、まだマスク在庫はあるものの、ネット販売で購入しました。

話題のSHARP製のマスクは抽選で落選してしまいましたが、

アイリスオーヤマでは先着制で、4月下旬から試みてなんとか購入できました。

買えたマスクの数はわずかでしたが、高性能・格安でしたので満足です。

家に届くのはまだ数日かかります。
毎日13:00から受け付けているようです。

アクセスが集中してなかなか注文するのは難しいですが、必要な方は試してみてはいかがですか?



後日、届きました。

Mask



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加