2015/06

2015/06/27


私はブログに投稿する前に、下書きを書く事にしています。


今この記事を書いている6月26日23時50分現在、

速報が入りました。


「同性婚が全米で合法となり、『禁止の州法は違憲』」

とのことです。


これにより、性的マイノリティである LGBT の人たちは

堂々と市民権を得たことになります。


社会生活を円滑に進めるためには、1つの進展だと言える

でしょう。



日本に当てはめて考えてみました。

同様の法律ができるだろうか、と。


米国と日本は、そもそも国の成り立ちが違います。

多種多様の人種と宗教が混在している社会とは違い、

同一民族が中心の島国です。


米国は、いろんな人がいて当然だよね、という前提

がある一方、日本には異質なものを排除(村八分)する

雰囲気があるように思います。


今でこそ、グローバルだ、社内公用語は英語だ、という

空気がありますが、日本人の本質がそう簡単に変わるとは

思えません。



もし私自身が日本人として日本に住み、LGBT に属している

としたら、結婚に踏み切るまではカミングアウトしないと

思います。


あるいは、隠し通して今のように女性と結婚し、カミングアウト

しないまま生き抜く方を選ぶかも知れません。




それというのも、現に今、統合失調症であること、または

心の病を抱えている(メンヘラである)ことを、ご近所には

知らせていません。


ましてや、早期退職したことすら話していないのです。


ですから、日中に近所をブラブラする訳にもいかず、

ウチに引きこもっている訳です。



買い物などは、Amazon で済むものは済ませます。


必要に迫られ、たまに書店やスーパーなどに行くと、

定年退職したと思しきオジさんたちが、驚くほど多い事に

気づきます。自分はういていると感じてしまいます。


また、病院へ行く日も平日の日中ですが、

そういう日に限って、近所のオバさんとばったり会うのです。

「きょうは、ずいぶん遅い(出勤)ですね。」

「えぇ、きょうは病院へ行く日なんです。」という具合。


またある時は、 Amazon の荷物を受け取ろうと玄関ドアを

開けたまさにその時に、前述のオバさんがウチの前を通り際に、

「こんにちは」と言って玄関を覗いて行きました。

私は何日もヒゲを剃らずにいたので、怪訝に思ったろうな、

まるで見張られているようだな、と感じてしまいました。



長くなってしまいましたが、

人目を忍んで生活するより、普通に生きたいという事です。


それには、カミングアウトした方がいいのかな、と迷って

しまうのです。


したところで、理解されるだろうか? 今度は偏見の目で

見られることになりはしないだろうか? 最悪、村八分か?



立場を逆転させれば、私だって心に病を持った人を

正当に評価できるかは分かりません。

(「074 病気に対する偏見」も参照ねがいます。)



「普通の生活」と「カミングアウト」を天秤にかけながら、

今日も夜が更けていきます。




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/06/24


みなさんこんにちは。


今回は、以前の記事「125 若年性認知症!?」への

アンサーソングならぬ、アンサー記事となります。


上記「125」の記事では、病院での出来事、つまり

会計のときいつもの手順とはちょっとだけ違う手順が

加わった時に、どうすれば良いか分からず立ち尽くした、

という内容をお話しました。


私はそれを若年性認知症の始まりでは? と疑った訳ですが、

今回それに対する答えを出せればと思います。



話は一旦とんで……、

先日、Amazon で注文した映画のDVDが届いたので

早速観ました。それは、『ビューティフル・マインド 』という

統合失調症の患者を描いたアカデミー賞受賞作です。


患者の名は、故ジョン・ナッシュ。ノーベル賞を受賞した、

実在の天才数学者で、ラッセル・クロウが演じています。


すでにご存知の方も多いと思いますし、

ストーリーについては他に譲ります。

まだご覧になっていない方は、是非オススメです。


お話したかったのは、ボーナストラックに収められていたものです。


そこには、「統合失調症患者は決った行動を取る習性がある」、

ということが描かれていたのです。あいにく、本編にはカットされて

いる内容です。



そうか、「125」でお伝えした私の行動は、認知症ではなく、

統合失調症の症状の1つだったのか!



改めてウィキペディアで「統合失調症」を見てみると、

思い当たる症状がたくさんありましたが、その中に、

「臨機応変な対処の困難」とか「新しい環境に慣れにくい」

などという記述を見付けました。


それは、陽性症状、陰性症状にならんで、注目されている

「認知機能障害」のひとつであることが分かりました。



やっぱり私はちゃきちゃきの統合失調症なんだなと、

いやでも思い知らされた一件でありました。




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/06/22


みなさん、こんにちは。体調の方はいかがですか?


私は、可もなく不可もなく、と言ったところでしょうか。

気分の波も小さく、安定しています。



今、『書く力 ポジティブに生きるためのヒント』武田双雲著

を読んでいるんですが、ちょっとご紹介したい箇所があった

ので、以下に引用しますね。引用箇所は、武田双雲さんが

胆嚢炎(たんのうえん)に加え胆石の詰まる胆管炎も併発して、

入院していたときの事です。


(以下引用)

……病院の先生にも言われました。

「病気の原因は調べないほうがいいよ」

 どうしてかというと、原因を探り出したら最後、「全部」

という答えに必ずたどり着いてしまうからです。

「食生活が悪い」と思えば、小さい頃食べ続けた母親の手料理や、

学生時代の暴飲暴食、結婚してからの妻の料理、全部が悪かった

気になってきます。……中略……やがて自分の過去すべて、

自分の人生まるごとが間違っていたのではないかと思い詰めてしまう。

(以上引用おわり)


少々長くなりすみません。


要は、病気が何であるかはともかく、病気の原因は分からなくて良い

ということでしょう。


現に私自身、統合失調症(陽性症状の激しかった頃)で初めて入院

した時に、主治医の先生から同様の事を言われたのを思い出しました。


ところが入院前は、私は原因を突き止めようともがいていました。

真の原因というゴールの見えない迷路にハマって行くのでした。


そして、妻に疑念を抱いたり、無関係な人をスパイと疑ったりして

神経をピリピリさせ病状を悪化させながら、日常生活を送りました。

それは、これまでこのブログでもお話してきた通りです。



いまさら原因を突き止めたところで、これまでの時間を取り戻す

ことはできません。


前を向き、今を生きてゆきます。




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/06/21


統合失調症に限ったことではないでしょうが、

何らかの精神疾患が家族、特に子供にどんな影響を

与えるのか、心配しているのは私だけではないでしょう。


成人している伴侶であれば、ある程度人格が形成されています。

しかし、子供となると、DNAを半分引き継いでいる分、

心の病が遺伝しないだろうか? と気になるところです。


わが家の場合、伴侶つまり妻に影響しなかったかと言えば、

少なからずありました。

以前『022 妻も精神疾患に?』でもお伝えしたように、

身体に現れました。


また、そこでは触れませんでしたが、原因不明の嘔吐に悩まされ

いまでも時々襲われています。


幸い、共倒れにはならずに済んでいます。




一方、子供の方は私のDNAが悪さしていることはないようです。

今までのところ……。


しかし、物心ついた頃には、私が会社を休みがちであったり、

休職・入院していたりしたので、子供ながらにその様子を

不思議に思っていたでしょう。

だって、身体は五体満足なのですから。


また、中学生の頃には、私が早期退職しておりウチに四六時中

居るようになったので、他の家庭と違うことは明白です。


中学に上がった頃だったでしょうか、家族で私の病気について

話し合ったことがあります。


その時は統合失調症という病名は伏せていました。


でも、子供は2、3歳の頃のあの珍事を覚えていたのです。

そうです、『035 閉鎖病棟へまっしぐら』でお話した事件です。



それからしばらくして、子供は子供で、中学校の図書館で

14歳からの精神医学 』という本を借りて読んでいました。


その本について話し合っていた時のこと、

「……で、お父さんの病名は何だと思う?」

と尋ねてみたら、言い当てられました。




今では心理学の道(カウンセラーなど)に進みたいと言います。


私の統合失調症が、良くも悪くも家族に影響を与えていたと

思います。


子供の可能性を信じようと思っています。




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/06/20


先日、子供の通う高校に保護者面談のため行ってきました。


他の家は、母親が来ているところがほとんどで、

父親が来ているのは両親二人で、というケースでした。

担任の先生にご挨拶も兼ねて、ということなのでしょう。


わが家は妻がパートのため、予定のない私が必然的に

出席することになったのです。


前日まで、何を話そうか、と静かに慌てていました。

初対面で、家庭環境のことまで話すことはないな、

つまり、私が統合失調症のために早期退職していることや、

妻がほとんどフルタイムでパートに行っていること等々……。



いざ当日になってみると、気持ちは落ち着いていましたが、

問題は、最寄駅から学校が遠い、ということです。

ずーっと緩やかな上り坂が健康な人の足で約20分続くのです。


その日は夏日ということもあり、普段歩くことすら

していない身体では、先生を前にして汗だくになって

しまうのでは、と心配しました。


そこで時間に余裕を持って出て、学校で少し涼んでから、

面談に臨もうと考えました。


ゆっくり上り坂を上がっている間は、健康的なお年寄り

にも先を越されるしまつ。とほほ……。運動不足を呪います。


結局、30分近くかかって、学校に到着。


それでも着くのが早過ぎたのか、私の前に面談予定の人が

まだ来ていなかったので、先にすることになってしまいました。



面談もつつがなく終わり、

というかむしろ話し足りなかったくらいでした。



無事帰宅したころには、汗だく、へとへとでした。



しかし、いい運動になったばかりか、

対人不安が薄れたことが嬉しくもある1日でした。




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加