2016/08

2016/08/31


以前、「253」を投稿した際、

下血した旨と、日本人に大腸がんが

増えてきた理由をお話しました。

 

 

その後の経過報告です。

 

幸い、あれから出血は見られず、

平穏な日常を送っております。

 

思い起こせば、事前に辛いもの

(キムチや唐辛子を大量にかけた

食べ物)をたらふく摂取したのが

原因ではないか? と思います。

 

 

相変わらずキムチは好物で食べますが

ほどほどの量にして、唐辛子も適量に

するようにしています。

 

 

「大腸がん」ということばは、

私の頭の隅に追いやられましたが、

平均寿命をすでに折り返しているし、

身体のあちこちにガタが来ても

おかしくないと思っています。

 

現に、網膜裂孔をきっかけに眼科に

定期検診を受けた際に、なんと

白内障の徴候が見られると診断された

のです。白内障というと、お年寄りの

イメージがありますが、自分の身にも

降り掛かってきたのです。

今のところは不自由なく見えますが、

酷くなったら、人口レンズを挿入する

手術を受ける事になります。

 

 

いずれにしても、大腸がんでないと

判明した訳ではないので、

次回、健康診断の時には忘れずに

オプションの検査を受けねば、

と思っています。

 

 

どうか、あなたもご自愛下さい。





ポチって頂けると励みになります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/08/30


前記事で、西野氏の新著が入手できな

かった話をしました。

 

書店にもなかったことで、

残念な気持ちにもなりましたが、

仕方がないので、Amazonで購入予約

(入荷時期未定)をしました。

 

早く届かないか待ち遠しいです。

 

 

購入手続きをした後、

少し前に買っておいた電子書籍

を読みました。

 

タイトルは

『人気ブログの作り方』。

 

バーゲン中で安かったので衝動買い

してしまいました。

 

 

内容はいたって分かりやすく具体的。

 

近い将来、人の仕事が人工知能に

取って代わられる割合が高まります。

(私は既に早期退職者ですが)

 

でも、ブログという蓄積があれば、

そんな時代でも生き残れるかも? 

といった期待感、ワクワク感が

持てました。

 

自分のブログを作ることは、

職に就いているか否かに関わらず、

有益な事に思えました。

 

もちろん、経済的な見返りも期待し

つつ、自分磨きにもなります。

付録に、Kindle電子書籍の作り方

も掲載しています。自分で電子書籍を

売る事ができるのです。

 

Amazon Kindle で、8月中なら

(といっても残り僅かですが)、

199円(ポイント20%)で購入可能

ということです。

 

コーヒー一杯飲むつもりで、

読んでみてはいかがですか?

人気ブログの作り方 』かん吉 著






ポチって頂けると励みになります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/08/29


前から気になっている人物がいる。

 

お笑い芸人として知られた、

キングコングの西野亮廣氏である。

 

絵本作家としても有名だが、

それだけにとどまらない。

 

もはや肩書きを必要としていない。

 

 

新著が出たのを知り、

読んでみたいと思ったのだが、

amazon でも品切れ状態。

(電子書籍はない。)


近所の書店にもなかったので

覚え書きとして、 

ここにメモしておくことにした。

 

魔法のコンパス 道なき道の歩き方
(西野亮廣 著 主婦と生活社) 






ポチって頂けると励みになります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/08/27


神奈川県相模原市で

障害施設殺傷事件が起きて、

しばらく時間が経過した。

 

この一件で、「優生思想」という言葉

を久し振りに耳にした。

 

被害者家族が、優生思想が根強いと

いう理由から被害者の名前を公表

しないでほしい、というものだ。

 

 

 

私たちは、もちろん父親と母親から

血を引き継いでいる。

父親も母親もまたそれぞれ祖父母から

生まれた。

これを繰り返し考えて行くと、

あなたも私も、無限大の逆三角形の

一番下の頂点にいると言える。

 

もしも、

この逆三角形を成す点のどこかが

欠けていたら(先祖の誰かが子供を

生む事なく亡くなっていたら)、

今のあなたは、存在し得ない。

 

正に奇跡的にこの世に生を受けた、

と言ってもいい。

 

 

そして私は統合失調症となったが、

突然変異(?)で逆三角形の中で

私だけがなったとは考え難い。

 

 

先祖の中にも、統合失調症(分裂病)

がいて、そのDNAの一部が作用して

いると考える方が納得がいく。

 

もし、どこかの時代で優生思想が

幅を利かし、別の逆三角形ができて

いたとしたら、私は存在しない。

 

 

 

夜回り先生として有名な水谷修氏は

言う。

人は生きるという選択肢しかないと。

先祖から続く一本の細い糸をあなたが

勝手に切る事はいけない、その糸を

次に引き継ぐのだ、と。

 

 

いずれにせよ、私たちや私たちの家族

が統合失調症であるか否かに関わらず

生命のバトンは次世代に引き継ぎたい

ものです。






ポチって頂けると励みになります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/08/25


歯ぎしりが気になっている。

 

「歯ぎしり」と言うと、

主に睡眠中に顎を左右に動かし

ギシギシと音を立てるものとされる。

 

私の言う「歯ぎしり」とは、

左右には動かさず、音も立てない。

 

寝ている間ではなく、起きている間、

無意識に歯を食いしばっている

のである。

 

だから厳密には「歯ぎしり」ではなく

「食いしばり」とここでは表現する。

 

 

最初に気になりだしたのは、

まだ会社勤めをしている頃からだ。

 

仕事中や寝る前などに食いしばりが

現れた。

その頃は、緊張やストレスから来た

ものだと思い込んでいた。

 

しかし最近になってようやく、

ググった結果、抗鬱剤の副作用である

可能性も考えられることが分かった。

抗鬱剤服用中に同様の悩みを持つ

人がいたのだ。

 

サラリーマンの頃はかなり強く

食いしばっていて意識的に止めようと

しても困難だった。

 

 

その後、鬱状態が酷くなり入院する

こととなったが、脳波の検査時に、

「全身の力を抜いて下さい。

上顎の歯と下顎の歯も触れないように

して下さい。」

と言われたが、言うとおりにしようと

すると、力が入ってしまい、

力を抜くと歯がカチと触れてしまう。

 

すると脳波が乱れるらしく、即座に

注意を何度も受けた。

 

 

ここ数年間は忘れていたが、

また最近になって食いしばりが

気になりだした。

 

以前程酷くはないものの、それでも

こめかみが疲れ、頭痛もする。

(頭痛は食いしばりが原因か不明)

 

ちなみに抗鬱剤は服用している。

 

 

軽度の鬱には、

セント・ジョーンズ・ワート という

サプリメントを服用する手もある。

 

サプリなので一般に購入できる。

 

昔、私自身が服用したときは、

重度の鬱だったため、効き目は

よく分からなかったが、

軽度であれば、効果があり、しかも

副作用は抗鬱剤よりも少ないという。

 

ただし、他の抗鬱剤と併用して服用

するのは止めた方がいい。

副作用が強くなることがあるらしい。






ポチって頂けると励みになります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加