2017/01

2017/01/29


みなさまいかがお過ごしでしょうか? 

私は日々沈んでいて、鬱々とした毎日を送っています。 

頓服薬も頻繁に服用していますが、効果のほどは???です。 

 

昨年末、1年最後の診察時に、先生から

「今年は安定した1年でしたね」

と言われ私も同意しました。(低空飛行という意味で。)

 

家に引きこもり外気に触れる機会が少ないので、不安定になる要素もないといえばないんですけどね。


そんな変化の少ない毎日とは逆に、私達の体の細胞は日々入れ替わっています。新陳代謝というやつですね。

私達の体を作る約60兆個の細胞は、90日で約90%が入れ替わるとも言います。半年~1年経てば、もはや別人と言えるでしょう。


物理的には別物なのに、アイデンティティを保っていられるのは、「記憶」の賜物でしょう。日々身体の細胞が新陳代謝により入れ替わっていって、新しい自分になっていくのと同時に、過去の記憶は変わらず引き継がれます。驚くべき生命の神秘ですよね。


去年の私の身体とは違うけれど私は私であり続ける……。



飛躍して、自分を支える「記憶」の一部をメモリーチップに置き換えたら、人間でなくなるのでしょうか? (もちろん移植された本人は違和感を感じないものとします。)


「一部」が脳の10%だったら? あるいは30%だったら? もっといえば、脳の半分がチップに置き換えられたら、人間は人間と言えるでしょうか? あるいは、アンドロイド(またはロボット)と呼ぶべきでしょうか? 10%でも有機物の(本来の)脳が残っていれば人間と呼べる、という人もいるかもしれません。 これは意見の分かれるところだと思います。 

人間という概念を更新しなければならない時代が来るかもしれません。



我が身に返って、細胞は日々入れ替わっているのに、記憶という牢獄に閉じ込められた「私」はブレークスルーができないでいます。


認知機能障害の始まりを疑う今日この頃では、記憶をも失ってしまえば、それこそ認知症になってしまうでしょう。

(認知機能障害は、顕著な陽性症状・陰性症状と並んで、統合失調症の特徴的な症状。これまで当たり前にできていたことができなくなる精神活動の状態。)


もっとも、認知症の患者自身が認知症であるという認識を持てるかどうかはわかりませんが。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/01/20


喫煙家の私が禁煙のCMを聞くとタバコを吸いたくなってしまう、という皮肉な話。 

  

統合失調症(に限らず精神疾患全般?)の人にタバコを吸う人が多い傾向にあるといいます。 何度か当ブログでも書いてきましたが、私もその一人です。 

 

デイケアに通っていた時には、チェーンスモーカーの女性がいました。

文字通り吸い終わるとすぐに次のタバコに火をつけるのです。

彼女のタバコを持つ指は、ヤニのために茶色く変色していたくらいです。 

 

また、閉鎖病棟に入院時には、病院内に例外的に喫煙ルームが設置されていました。 喫煙ルームに年がら年中入り浸っている男性がいました。 本を読むときも、ポータブルDVDプレイヤーで映画を観るときも、何をするにもタバコを吸いながら……。 

 

私はそれほどの愛煙家ではありません。

現在は本数が減り、一箱を空けるのに2~3日要します。

どこもかしこも喫煙者は悪者扱いの現代では、外に出ると一服する場所に困ることがあります。

幸か不幸か、滅多に外出しない私は、我が家のレンジフードの下で好きな時に吸うことができます。


それでもやはり、健康面、経済面などを考えると吸わないに越したことはないと思っています。



TV・ラジオなどからよく、禁煙用のタブレットやパッチ、あるいは禁煙プログラムを実施している医者のCMが流れてきます。

そういう情報が入ってくると、不思議とタバコを吸いたくなってしまうのです。必ずと言っていいほどに。


私にとっては、そうしたCMは逆効果のようです。

ひねくれ者なのでしょうか?


肺がんで入院している父親(すでに手遅れで手術はしませんでした)を見舞いに行った時、病院を出て真っ先に私がしたことは、タバコを吸うことでした。 数ヶ月後に父は帰らぬ人となりました。



当面は、禁煙する決心はつきませんが、一箱1000円を超えるようになったら考えてしまいます。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/01/14


年が明けて2週間が経ちます。 

みなさんいかがお過ごしでしょうか? 

  

私はすでに2回餅をつきました。 

1回目は屋外で、そして2回目はリビングルームで。 

 

当マンションでも、毎年年末になると中庭で餅つき大会を催します。

最初の頃こそ参加はしていたものの、ここ数年は不参加を重ねています。


個人で餅をつくのは、道具を揃えることを考えると敷居が高いです。

今は、餅つき機という文明の利器がありますが、私は全身を使って餅をつきました。今でも体のあちこちが痛みます。

 

道具はどうしたか? そんなもの必要ありません。 

冴えてる方はもうお気づきでしょう。

 

尻餅をついたのです。情けないことにーー。


1回目は、マンション敷地内に入る4~5段のステップで転びました。

1週間前の雨降りの夜でした。両手には傘と荷物。ツルツルの石のステップの上を滑って、派手に尻餅をつきました。誰かに見られていたら、お互い笑い合い何らかのコミュニケーションが生まれたかもしれません。でも全くの一人芝居なので転び損でした。その時に強打した肘が今でも痛みます。

 

2回目は、今朝日の出前に起床し、薄暗いリビングにあるワーキングチェアに座る時でした。そこにあるはずのチェアが数10センチ後ろにあることに気づかず、ドタンと絵に描いたような尻餅をつきました。腰の骨に響きましたが、何とか無事なようです。

 

倒れる瞬間に何を考えたと思いますか? 

これをブログ記事にアップしよう、と思ったのですから、いかにネタに不自由していたかという証でしょう。



何れにしても大事には至らず笑い話ですみました。

正月に妻の実家に新年の挨拶に伺った時、義父が階段を踏み外し、転んで身体を痛めた話を聞きました。でもそんな義父を私は笑えませんね(笑)。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/01/01


あけましておめでとうございます。 

 

今年も初日の出の写メが撮れましたのでアップします。 

2017sunrise

 

昨年の年末は、年の瀬という実感がなく、時間が私をどんどん追い越して行きました。 

昨夜のカウントダウンも、家族は盛り上がっていたようですが、私一人なんだか白けていました。 


そんな具合ですから、去年一年の総括もできていませんし、新年の抱負や目標といったものはまだありません。

 

皆さんの今年の目標はいかがでしょうか?


ブログの方も続けてまいりますので、本年も宜しくお願いいたします。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加