2017/05

2017/05/21


先日、「共謀罪」法案が衆院法務委員会で可決された。 

来週には衆院本会議で可決し、参院に送付する運びとなろう。 


野党や国民の不安を余所に、与党は「共謀罪」法案を通していく構えだ。

 

一般人は捜査・監視の対象にならない、と与党側は主張するが、それはあり得ないと考える。

「私は嘘つきである。」と同様に文章として破綻している。嘘つきであるなら、「私は嘘つきである。」が嘘ということになり、「私は正直者である。」という結論になり、矛盾してしまう。また、「私は~」を本当だと取るなら、嘘をついていないことになり、これも矛盾してしまう。 

 

なぜ、一般人が捜査・監視の対象にならざるを得ないかといえば、「一般人」と言えるためには、捜査・監視の結果わかることであって、捜査・監視をする以前に分かることではないからだ。 

 

 

また、何も後ろめたいことがなければ気にすることないではないか、という無神経な人もいるようだが、その発想は危険だ。 自分一人が何をしていなくても、家族・親戚・友人などの関係者が、何らかの嫌疑をかけられ捜査・監視の対象にならないとも限らない。すると結果的に捜査は自分にも及ぶことになる。後ろめたいことは何もないと言って無邪気に胸を張っていられないかもしれないのだ。

 

 

そんな世の中になれば、いつ、どこで自分が捜査・監視されているかビクビクしなくてはならない。それはまさに、統合失調症の注察妄想や関係妄想と同じような状況だ。私が懸念するのは、共謀罪法案の施行により統合失調症の患者が増えはしないだろうか? ということだ。 また、快方に向かっていた統合失調症患者が再び増悪しないだろうか? ということでもある。



「共謀罪」法案を通すべきかどうかは言うまでもない。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/05/15

みなさまこんばんは(こんにちは)。 

お久しぶりです。実に2ヶ月近くお休みしておりました。 

 

それというのも、うつ状態に陥り悶々としていたからなのです。

ファンの方からそっぽを向かれてしまわないかと、不安でもありました。 

 

約2ヶ月経ってようやく気力が出てきました。こうして記事も書けるくらいにやっと回復しつつあります。 

 

 

2ヶ月間というのは、過ぎてしまえばあっという間だった気もしますが、その渦中にいる間は実に苦しくて、いつ終わるとも知れない長いトンネルのようでもありました。

 

ただ食べて排泄して寝るだけの、まるで「ミミズ」のような存在だと自分を呪ったりもしました。

動かないものだから、仕舞いには食欲すらもなくなり、筋力が落ちて腰が痛むようにもなりました。



3週間ほど前の診察の時に状況をお話すると、「サインバルタ」が処方されました。これは、SNRIと呼ばれる抗うつ剤で、効果が強めだけれど副作用が少なめで、1週間程度で効き始めるとされています。2010年発売という比較的新しい薬で、ジェネリックは出ていません。


サインバルタ


私の場合、3週間近く経過してやっと効き始めたのかな? といった感じです。上体を起こしている時間も長くなってきましたし、活字もなんとか読み書きする意欲が湧いてきました。

 

ただ苦しんでいる間も、ラジオを聴くことは負担ではなかったんですよね。横になって聴いていたので、ニュースは耳に入っていました。だからとりあえずは、仏大統領選や韓大統領選の模様、北との緊迫した世界の動き、小池劇場の様子、経営再建中の……といえば、シャープだったのがすっかり東芝に取って代わって伝えられていること、ソフトバンクがトヨタの約半分の期間で1兆円を超える利益を出したことなどなど、様々な動きは押さえていたつもりです。



まずは少しだけ元気になったのをご報告できることを嬉しく思います。


うつ状態で苦しんでいる他の方々も、どうか希望を棄てないで欲しいと願います。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加