2017/08

2017/08/31


なんだか「目には目を」みたいなタイトルになってしまいましたが、当たらずとも遠からず、といったところでしょうか。

つまり、「人工知能に対抗するには、ベーシックインカムを導入しよう」というものです。これを唱える人が少なからずいます。



私が言う「AIにはBIを」の「心」は、次のようなものです。

現在、統合失調症で苦しむ人が多いことは、ブログのカテゴリーの多さでも一目瞭然です。全ての統失者がブログを書いているわけはありませんので、実際にはエントリー者の何倍もいるはずです。また、当事者(患者本人だけでなく、家族なども含める)はさらに増えます。

これだけいる統合失調症の当事者の多くが、(私自身と同様に)退職せざるを得なかったり、そもそも就労年齢に達する前に発病してしまったり、また家族が患者のためフルタイムで働けなかったりする人もいると推察されます。また、無理を押して頑張って働いている当事者もいます。

働いていない患者たちは、家族・社会に申し訳ないと、後ろめたい気持ちで日々を送り、早く働かねばと急き立てられる気持ちでいることでしょう。(もちろん全ての統失失職者に当てはまるとは思いませんが。)

でもそんな後ろめたい気持ちはいりませんよ、と言う時代が早晩やってくるかもしれません。その答えのキーとなるのが、「ベーシックインカム」です。



何もこれは、統合失調症に悩む当事者に限った話ではありません。

いついつまでに人間の職種の何10%が人工知能に取って代わられる、といった言説がされて久しいですが、人工知能が人類を超越するとされる「シンギュラリティ」が2045年に到来するとされています。これに対応するには、最低限必要な生活費を支給するというベーシックインカムの導入が求められると言うのです。

シンギュラリティは2045年とされていますが、東京五輪の2020年には、人間の脳の機能を模倣できるハードウェアが1000ドルほどで入手可能になり、さらに10年経つと村1つ分の処理がおよそ1000ドルで可能になると、カーツワイルは明言します。


コンピュータの性能、ひいては人工知能の性能・処理速度は指数関数的に向上し社会的影響力を増し、人間にはそれに対応した制度設計が求められます。シンギュラリティが来てから制度を作るのでは遅すぎるのです。人工知能を敵に回すのも味方につけるのも、人間の(良心に従った)匙加減次第だと思います。



参考文献

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』井上智洋


シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき』レイ・カーツワイル


これから読もうとしている書籍

隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』ルトガー・ブレグマン




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/08/16


このブログを書き始めた頃から、タイトルの頭3桁に連番を振ることにしています。 番号を見るだけで投稿時期の前後関係がわかりますし、最新のタイトルを見れば現在の投稿数も瞬時にわかるからです。 

 

つまりこの投稿記事で、(番外編を除けば)322記事目になります。

2014年夏から書き始めているおり、ちょうど3年くらいになりますので、その間に300記事あまりとは決してマメな方とは言えませんが……。 

 

さて、つい先日「319 苦手なクスリ」でちらっと触れましたが、抗うつ薬のサインバルタがリフレックスに変わり、これまでもリフレックス1錠を服用していましたので、今回の変更でリフレックス2錠を服用することになりました。2錠に増えて1週間近く経過しています。そして飲み始めて、2~3日後から副作用が出始めました。

それは、血の気が引くような、貧血でフラッとするような、頭の中で血液が一瞬、薄くなったような感じがあるのです。立っている場合でも、座っている場合でも。また、横になって就寝する前でも。それが、1日のうちに何回も頻繁にやってきます。転倒するほどひどくはないので重大な副作用ではありませんが、気にはなります。


でもこれって、過去にもあったようなデジャヴ感がありました。

試しにエゴサーチではありませんが、当ブログ(http://toshitsu.blog.jp)にアクセスして、「血の気が引く」というキーワードで記事検索してみました。すると該当記事が見つかったのです。


それによれば、1年前の2~3月ごろに今回同様、リフレックスが2錠に増えた頃に血の気が引くような感覚があったというものです。


また、リフレックスの一般的な副作用の一つに、「ふらつき、めまい」というものがありますが、これに当てはまるのかもしれません。


ということは、やはりリフレックスを2錠服用することは、私の身体に適合していないのでしょうか? 1錠の時には発現しなかった症状です。もっとも、日常生活を送る上ではさほど影響はありませんが。



今回わかったことは、もともと統合失調症の当事者・関係者に参考になるようにと始めたブログが、自分の体調やクスリとの相性を知るのにも役立ったことです。従いまして、今後も「自分用カルテ」としての意味合いも兼ねて、事実をなるべく具体的に書いていこうと思っています。具体的であればあるほど、後々参考になることも多いと信じています。


(「お薬手帳」は皆さんお持ちだと思いますが、私自身は過去に遡って薬を調べることはそうそうありません。また手帳では、どんな症状が出たかなどもわかりませんよね。)




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/08/14


早期退職してかれこれ7年目になります。 

その後半は、というよりも大半は引きこもっているわけですが、引きこもりにも一長一短あります。 

これまでに特に不便を感じたことはありません。買い物もMacBookを開いて、ポチッポチッとするだけで玄関まで届くという便利な時代になりました。ネット時代以前はこうはいかなかったはずです。


最近、宅配料金の値上げがニュースになりましたが、原因の一つに再配達、あるいは再々配達があります。我が家の場合は、たいてい私が在宅なので、再配達はあり得ません。まず間違いなく、予定の配達日には手元に届いています。 会社員時代には考えられません。これは引きこもりの長所と言ってよいでしょう。


しかしもっと環境負荷を考えるならば、そもそも配達が発生しないほうが良いのです。 そう考えて、本の場合に電子書籍があればそれを購入するようにしています。また、購入直後から読み始められるのはとても便利です。 最近は、以前に比べて宅配が届く頻度は格段に減りました。 少しは環境負荷の軽減に寄与していればいいなと思います。

ちなみに最近読んだ書籍は以下。オススメは2番目。とても刺激的でした。

1。「『エクサスケールの衝撃』抜粋版 プレ・シンギュラリティ

2。『シンギュラリティは近い[エッセンス版]

3。『人工知能の核心

4。『イーロン・マスク 破壊者か創造神か


iBooks


他にも長所はあります。

固定電話の番号しか知らない相手からの着信があった時です。取り逃がすことがまずありません。もちろん留守電機能がありますので、居留守を使うことはできますが……。 近頃は、なぜだかリサイクルショップからの買取の電話が多いのが鬱陶しいと言えば鬱陶しいです。


また、来客があった場合や、消防設備点検・水回り点検の立会いなどの場合、いつも私が対応しています。

また、生協が毎週夕方に届けられるのも私が受け取っています。

共働き世帯とは違い、日程・時間を調整する必要はありません。



ところで、先日NHKの職員と名乗る男性が訪ねてきました。

地デジに変わる前から年払いで支払っていたので、何かと思えば、衛星放送受信料の追加支払いの請求でした。NHK受信料については、支払いを拒む人が少なくないと聞いていますが、さすがに玄関先で追い返す訳にもいかず、結局契約することになりました。普段、BS1、BS2は見ることがないので、従前通り支払わずに済めばそれに越したことはなかったのですが、もともと押しの弱い私には交渉力や巧みな話術といったものには縁遠いのかもしれません。今回の一件に関しては、短所にカウントできるでしょう。

ちなみに、Google先生に聞いてみると、NHK受信料の支払い率は全国的に大体70%台後半のようです。東京都は66%で、わが千葉県は78%です。

また、NHK受信料は放送法により、受像設備のある家庭は支払うのが義務とされています。もし精神障害1級であれば、受信料の減免があったのですが……。


さて、契約更新してから4日経過後に、ふとTVを点けBS1を確認してみるとどうでしょう?  左下のメッセージは依然として表示されていました。

職員が来訪時には、「5分で済みますから!」と扉を開けさせ、1分1秒を急ぐかのように契約更新を促したのにーー、地デジの年払いまでの間の数ヶ月分も(つまり8月から)支払わされる契約だったのに、4日経っても以前と変わっていないのはどういう訳でしょう? 

苦情の電話を架けるほどのクレーマーではありませんので、そういうものか、と自分を納得させました。


NHK職員の来訪当日に、妻がパートから帰宅後、契約更新した旨を話したら、金額も聞かずにひどく残念がられました。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/08/13


4週間ごとに診察に行っています。 

1ヶ月にたった1回の診察なのに、話すことがないのです。 

 

この間の診察では、

「何か変わったことや、誰かが自分のことを話していると感じることはありますか?」と問われ、

「外出することがないので、外部刺激がありません。だいたい安定しています」と答え、さらに「多分、前回の診察から今日まで1度も外に出ていないかもしれないです。」と続けた。すると、

「なるほど……」と納得した様子。そして、薬の話や助言などいただいた。


帰宅後、本当に1度も外出しなかったかスケジュール帳を確認して見ました。実際には1日だけありました。

午前に理容室(QBハウス)に行き、午後に役所と買い物に出ていました。

散髪とは言っても、いわゆる10分カットなのであっという間に終わります。役所は娘の新しいアルバイトに必要な住民票を取得しに付き添ったのです。そのあと、娘が最近「立ち眩みがする」と言っていたので鉄分のサプリメントとアクエリアス、アイスなどを買って帰りました。

役所では、娘が訊いてきました。「たった300円で、誰がどこに住んでるかわかっちゃうんだね?」

「だから、発行してもらう時に、身分証明書を求められたろ? むやみに他人のものを発行してもらうわけにはいかない。」


「結婚したりした時もここに届け出ればいいんだよね?」と訊いてくるので、

「なんだ、彼氏ともうそんな話が出ているのか?」と訊き返すと、

「違うよ、ただ純粋に訊いただけ! ばっかじゃない?」

「そうだよ、『婚姻届』というやつだな。別れたら『離婚届』、引越したら『転出届』『転入届』などなど。」

「いろいろあるんだ。役所の人も大変だね?」

「この前『マイナンバー制度』ができたろ? 手続きが簡便になったらしいけど、どこがどれほど簡便になったのかよく知らない。(必要になればちょっと調べればいいさ)」

「ふ~ん」


うちでは威張っている娘だけれど、そとに出れば高校生とはいえまだまだ子供なのです。大人と同じものを見ても、新鮮に感じることがたくさんあるようです。毎晩、友達とLINEしていても、会ったら会ったでいつまでも長話しているわけですね。


冒頭で「診察時に話すことがない」と言いましたが、もちろん心境の変化や将来に向け考えることなどあります。文字通り喋ることがないわけではなく、病状として取り立てて変化がない(よく言えば、安定している)というわけです。

しばらくは、陽性症状は鳴りを潜め、気分の浮沈(陰性症状)が時々見られる程度です。それに応じて抗うつ剤を調整していただいていますが、以前「知らない医者がカルテを見たら、うつ病だととると思いますよ。統合失調症の処方じゃありませんよ。」と言われました。それくらい、陽性症状はおさまっているということです。


取り止めがなくなってきましたので、今回はこの辺で……。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/08/12


とても自慢にはなりませんが、幼少の頃から親にクスリを飲むのが上手だと言われてきました。 普通の子供だとうまく飲み下せず、水だけが喉を通って行きます。 そうこうするうち、口の中のクスリが溶け始め苦くなるので、多くの子どもたちはクスリを飲むのが嫌いになります。 

私の場合は、たとえ顆粒の薬であっても最初から上手に飲み込むことができたので、苦手意識は全くありません。 

 

ところが、最近になって、これは飲みにくいな と感じるクスリがあります。

以前お伝えしたように、春頃から抑うつ状態が続き、「サインバルタ」というカプセルの抗うつ剤(SNRI)を飲んでいるんですが、これが飲みにくい。 いつものように、他の錠剤と一緒に一口の水で一気に飲み込むのですが、高い割合で喉の奥に貼り付くことがあるのです。するとどうなるか? 次第に外側のカプセルが溶け始め、貼り付いた箇所でクスリが溶け広がるため、「胸焼け」のような苦しい状態になります。 もちろん、初めに水だけを飲んで、喉を潤してからサインバルタを飲みますが、それでもよく喉から食道にかけてのあたりで貼り付いてつかえてしまうのです。


クスリは効いているようで、抑うつ状態も改善されていますが、この「胸焼け」は堪らん、ということを診察時に先生に相談しました。

他のSNRIに「イフェクサー」というクスリもあるが、これもカプセルだということで、次善の策として今まで服用している「リフレックス」を1錠から2錠に追加変更することになりました。これで「胸焼け」とはおさらばできる。


リフレックスは就寝前に飲みますが、2錠に増えた最初に迎えた朝は非常に眠く、2度寝してしまいました。このクスリの代表的な副作用として眠気があるのですが、先生によれば最初の数日を過ぎれば馴染んでくるとのこと。

経過を見て行きたいと思います。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加