2018/05

2018/05/30


前回の投稿では、障害年金の継続受給のため、日本年金機構あてに提出する診断書を早く欲しい、とクリニックに催促した模様をお伝えしました。 

 

幸い、翌日に(こちらが指定した通り)速達にて訂正後の診断書が届きました。 

間違いなく訂正されたことを確認したのち、念のため控えとして、診断書をスキャンしました。 そうした後で、日本年金機構あての診断書を投函しました。 何の問題もなければ、期限内に到着するはずです。 

 

一時はどうなることかとヤキモキしましたが、あとは「果報は寝て待て」とばかりに、いつも通りの生活に戻りました。 

 

昨夕いつものように、Bluetoothスピーカーを通して iPod touch の radiko から流れてくる番組を聴いていると、「障害年金打ち切り」のニュースが飛び込んできました。

診断書を提出したばかりだったので、動きを止めて聞き入ってしまいました。


ニュースによれば、障害の程度が軽いとして約千名の受給者の障害年金を打ち切ることを年金機構が検討している、とのこと。

ヘッドライン・ニュースなのでそれだけでしたが、もう少し詳しくは、以下URLを参照のこと。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/29/disabilitypension_a_23445628/


対象となった人たちの障害の程度がどれほどなのかはわかりませんが、もしも自分に降りかかったとしたら死活問題です。そうでなくても、今年度から娘が18歳に達したため、加給年金がなくなり一月当たり約2万円が減額となっています。

 私自身まだまともに働くことはできませんし、就労継続支援の方も、最近(2017年4月)の制度変更を原因として給与未払いのまま自己破産する事業所が増えていると言います。 それらは助成金を目当てに障害者を多く集めて稼ぎを得ていた事業所です。(http://hito-ride.com/?p=6597



先の障害年金打ち切りはすぐに実施ではなく、1年後にもう一度審査するとのことですが、いずれにしても自ら食べていけるすべを手に入れたいものです。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/25


障害年金を続けて受け取るには手続きが必要です。 

 

毎年、「生計維持確認届」を提出しなければなりません。 

また数年おきに、上記届とともに「診断書」も提出する必要があります。 

「生計維持確認届」と「診断書」は同じ用紙に記述されています。 

 

今年は、私にとって「診断書」と「生計維持確認届」を提出する年になっているのですが、昨夜診察を受け診断書を受け取って来ました。 

前回までは、先生による手書きの診断書でしたが、カルテの電子化に併せて、診断書もデジタル入力したものをプリントアウトしたものに変わっていました。 

 

支払いの際、¥10800(診断書のみ)という高い金額にも驚かされましたが、帰宅後数カ所の誤りに気づきがっかりしました。 

若い女性の職員が、前回の先生の手書きの診断書をもとにデータ入力したものを、先生が確認して捺印したものです。 


先生の文字は達筆すぎるので確かに判読しにくいのですが、明らかに読み間違えて入力されていました。


早速、今朝オープンと同時に電話して、複数の誤りを指摘し、訂正後の新しい診断書が欲しい旨伝えました。


すると、先生(私の主治医)が次に来るのが来週の木曜になるとか、トボけたことを言います。

ご存知だと思いますが、年金用の診断書の提出期限は誕生月の月末で、今月が私の誕生月です。また来週の木曜は31日に当たります。どう考えても期限に間に合わないのは明らかではありませんか。 


今週中に入手したい旨を訴えると、院長が代わりに確認して処理できるかどうか、午後に折り返し電話します、とのこと。

10時に連絡したのだから、もう少し早くコールバックが欲しいところです。あまりにのんびりした対応でやきもきしてしまいます。


期限まであと1週間。果たして無事更新手続きが終わるでしょうか? 

引き続き年金が受け取れるようになるでしょうか? 




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/20


父の13回忌のため、数年ぶりに実家に帰りました。 

かしこまって儀式的なことはせず、簡単な食事で談笑・近況報告して来ました。 

 

実家に帰る際は、毎度違った経路・道を通って行くようにしています。 

どれほど街並みが様変わりしたのか確認するためです。 

馴染みのある建物は古ぼけてしまい、馴染みのない新たな建物が増え、実家のある下町でさえ絶えず新陳代謝が行われています。 


妹が連れて来た下の子供二人も、すっかり大きく成長して小さい頃の面影がわずかに残る程度でした。

そんな時大人が決まって口にするのが、

「ずいぶん大きくなったねぇ。」という言葉でしょう。

私も例に漏れず、思わず口にしてしまいました。


もう少し気の利いたセリフが言えれば、子供達も返す言葉が見つかるでしょうが、これを言われたらなんと答えればいいのか困ってしまうでしょう。 自分の子供時代を思い返せば分かるように、大人たちが揃いも揃って皆「大きくなったねぇ。」と言いますが、自分はなんと答えていいか分からず、「はあ。」とか「そうですか。」と言うのがやっとだった気がします。


お互いの近況報告も一段落すると、話題の合間をぬって私は外へ出て一服することにしました。

ニコチンを補給していると、家の前の路地を向こうから一人の女性が近づいて来ました。

10メートルほどまで接近したところで、彼女が会釈して初めて隣家の娘さんだと気づきました。

間髪を入れず思わず口にした言葉が、

「ずいぶん大きくなったねぇ。」でした。

すると彼女は、

「いい加減、いい歳ですから。」と微笑んで自宅に入って行きました。


お隣さんのお嬢さんを見かけるのは、実に二十数年ぶりくらいではないでしょうか。私の記憶の中では、まだ子供の姿でした。


タバコを吸い終え、たった今あった出来事を話して分かったことは、お隣のお嬢さんは、もう40歳くらいになるとのことでした。


事もあろうに、40代の女性に向かって「大きくなったねぇ。」はないだろう、と思わず自分自身に向かってツッコミを入れてしまいました。


逆を言えば、自分もそれだけ歳をとっているということなんですね。

歳をとらないのは頭の中の記憶だけです。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/16


今朝、大腸がん検診の結果を聞きに行った。 

 

先週提出した、検体の検査結果を聞きに。 

「検体の検査」というより、「検便」と言った方が馴染みがあるか。 

 

結果はーー。 

 

「異常なし」。 2日分の両検体ともに「陰性」だった。 

 

まずは一安心した。

ついでに医者に聞いてみた。

3年前と2年前に下血したことと大腸がんの関連を。


今回、便ヘモグロビンが陰性だったことから、関連はなさそうだった。

しかし、他の病気の可能性もあるので、気になるようなら検査を受けた方がいいだろうということだった。


気にならないことはないが、現在日常生活で問題ないので検査はまた別の機会にしようと思う。



帰宅して、受付兼会計の窓口で渡された検診票に改めて目を通した。

それによると、「偽陰性」と言って必ずしもがんを見つけられるわけではない場合があることと、逆にがんがなくても陽性となる場合の「偽陽性」があるということだ。


また、大腸がんはがん死亡の上位であることもあり、大腸がん検診は毎年受けた方が良さそうだ。


それにしても、検体の採取は苦手なんだよな。たとえ自分の体内から排泄されたものとは言え……。


それと、備えとして以前購入していた本は今回は不要となった。この本が必要となる時が来ないことを祈る。

がんを告知


がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん"の話




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/12


「尿に血液が混じっていますね。」と医者が言った。 

そう言われたのは、ゴールデンウィーク明けに受けた健康診断の日の問診の時。 

尿検査で血液が確認されたとのことだった。 

そう言われれば、確かに、紙コップに排尿した際、いつもより色が濃いなとは感じていた。また、排尿時に尿管が熱く感じられたような気がする。 

 

簡単な問診を受け、医者はパソコンにカタカタと打ち込む。 

詳細な診断結果は後日、ということで大腸ガン検査の容器2日分を受け取りその日は帰宅。 

 

 

今日、大腸ガン検査の容器を提出ついでに血液検査の結果を聞きに行った。 

 

 

白状すると、今回の記事をアップするかどうか迷っていた。 

というのも、他人の健康状態がどうかなんて興味ある人がいるのだろうか? と思ったからだ。ブログは見てもらえなければ存在しないのと同じだから、書く意味があるのか? と。 

このサイトの来訪者は10代~60代と幅広い。 

特に、若い人たちは健康に無関心だというステレオタイプがある。 

ところが歳を経るに従い、話題は次第に自分の不健康自慢になるものだ。

若人と高齢者の健康に対する意識の違いは、健康というものが当たり前の状態であるのか、或いは意識的に日常を送って獲得したのかの違いだと思う。


卑近な例で言えば、虫歯が好例か。歯磨きに気を使っている人は、いつまでも自分の歯で堅いものでも美味しく食べられるが、歯磨きを怠ったりすれば虫歯になり、ゆくゆく入れ歯にでもなれば美味しく食事ができないということにもなる。

80歳まで20本以上自分の歯を維持しようというキャンペーンも、かなり以前からあるが、達成できるかどうか私自身についてはあまり自信がない。



私にとっては、このブログが備忘録でもあるので記しておこうと決めた。


今日聞いた健診結果(大腸ガン検査を除く)は概ね良好だった。

血圧、中性脂肪、コレステロール、肝機能、尿酸などすべて正常値。

2年前に受診した際はかなりの項目で異常値だったから1歩も2歩も前進だ。

血尿が出たけれど、腎機能が正常だったため心配ないと言われた。


ただし、血液について(赤血球数、血色素、ヘマトクリット値)はいずれも正常値を超えて高かった。当面は心配ないようだけれど要注意だ。


血液検査の結果を受けて、とりあえずは一安心したが、後日に大腸ガン検査の結果が待っている。この結果を聞くまでは気を緩められない。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加