2018/06

2018/06/26


沖縄の方ではすでに先週、梅雨明けしましたね。 

関東地方の梅雨明けはあいにくまだのようです。 


私の最も苦手なものの一つが梅雨です。 もともと発汗が多いので、湿度の高い日は汗が蒸発せずにジトジトしてしまいがちです。 


とは言え、これまで30度を超えるような真夏日はあまりなく、涼しい日も周期的にあり、なんとかエアコンなしでも過ごせています。 エアコンを入れないということは、窓を開けているということなので、屋外の大きな物音が入って来るということでもあります。 それ自体取り立てて問題にするほどではありません。 


しかし、苦手なもののもう一つがあるのです。

それは時々夜遅くに突然聞こえて来る、若者たちが爆笑する笑い声なのです。 深夜なので昼間にはなかった静寂が包んでいます。 そんな中で、突然、傍若無人と思えるほどゲラゲラと笑い合う若者たち。 時には奇声を発する者もいます。 特に夏に向けて気持ちが開放的になるのか、今頃の季節に多い気がしています。 本人たちはこれほど近所中に響き渡っていることを知らないか、意識していないと思います。


多くの人はそんなに気に留めないかもしれません。でも私にとっては苦手なのです。 例えば、黒板に爪を立てて擦る音が、鳥肌の立つほど苦手な人がいます。(私自身はなんとも感じませんでしたが。)それと同様に他人には分からないような苦手なものが、人それぞれあると思います。


深夜の爆笑をなぜそんなに嫌がるのかというと、それは多分、陽性症状がひどかったときのトラウマだと感じています。 統合失調症の特徴的な陽性症状の一つである関係妄想が原因で、自分が笑いものにされていると思ってしまうのです。


だから電車に乗っている際、サラリーマン数名が談笑しているシーンも怯えてしまいますし、また、女子高生たちがケラケラ笑い合っている場面も怖いです。 

こう話すと、私のことを誤解する人がいるかもしれません。キツネ目をした猫背の、人の目を避けるようにしている姿を。 いえいえ私は二重のパッチリ目ですし、姿勢はかなりいい方だと思っています。また自分で言うのも変ですが、小・中学生時代はスポーツ、勉強ともに優秀で、女子からはモテた方です。高校学園祭ではギターの弾き語りで、女子生徒から扱いに困るほどの花束をいただきました。 そんな経験も重ね、自意識が多少高かったことも、統合失調症を誘発する土壌だったのかもしれません。 


外出中に怯える場面に出くわす時は、それなりに緊張しているので心の準備ができていますが、自宅でくつろいでいる時に突然飛び込んで来る爆笑の声には、不意を突かれてビクッとしてしまいます。


妄想によって受けた心の傷は、思いの外深かったのだなと改めて思い知らされる瞬間でもあります。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/25


メルカリを利用している読者も多いと思います。 

言わずと知れた、中古品を売買するフリマ・アプリで、使い勝手の良さから、20~30代の若者に絶大な人気と聞きます。 成長の早い子供用の衣服などを売買する若いお母さんなどは重宝していると言います。


あなたやあなたの周りではどれくらいの割合の人が利用しているでしょうか? 私自身は利用したことがないばかりか、アプリもダウンロードしていません。 熱心な読者ならご存知の通り、以前にも言及したように物欲がほとんどないのです。 


時々、amazon で電子書籍は買っていますが、デジタルデータに新品も中古もないですから、当然メルカリを利用する機会は遠のきます。 


そんな私が、メルカリの買い物をしました。大きな買い物です。

メルカリの株を買ったのです。

メルカリは6月19日(火)に鳴物入りで株式市場に上場しました。

メルカリ・アプリは利用していませんが、これだけ世間を賑わしている銘柄ですから、上場後も株価は上がると読んで寄付き前から買い注文を入れていました。


マーケットが開いてしばらくは値がつきませんでしたが、公開価格3000円のところ、初値は5000円でした。初値を付けた後、一時ストップ高の6000円まで行きましたが、みるみる値を下げ、終わってみれば5300円に落ち着いていました。 


その日のラジオでピストン西沢がメルカリ株を買ったことを知り、なんとなく嫌な予感がしました。(ピストン西沢はAV男優ではありませんよ。クルマ事情に詳しいDJで、J-WAVE のナビゲータをしています。)

嫌な予感というのは、日経平均株価が好調なときでも、彼はメルカリとは別の銘柄で損失を出していたらしいからです。彼の嗅覚はあまり信じられないと思ったのです。


メルカリ上場以降、その悪い予感は的中することになります。

連日安値を更新し続け、メルカリの含み損は膨らんでいます。

公開価格を大幅に上回る初値をつけたことで、買いエネルギーの多くを吸収してしまったのでしょう。上場当日にストップ高まで急上昇したのは、おそらくアルゴリズム取引によるものが多くを占めたものと思われます。


メルカリの外国人投資家比率は高く、外国人は国内投資家よりも長く保有する傾向らしいので、当初は短期売買で利益を確定しようと目論んでいたアテが外れた以上、もう少し腰を据えて保有しようかと思案をめぐらしているところです。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/24


薬には様々な副作用があることは知っていました。 

しかし、後述するようなこんな副作用もあったのか、と再認識した次第です。 



先日4週間ぶりの診察に行ってきました。 


その際お話ししたことは、服用している薬を減らす方向で考えたい、という要望を伝えました。 

この何ヶ月間か倦怠感があるので、服用中のリフレックスの副作用ではないか? さしあたり、リフレックスをなくしたい旨を伝えました。 

先生は私の気持ちを受け止めてくださいました。 

でも、いきなりリフレックスを中止すると、眠りが浅くなることを心配し、代わりにレスリンを勧めてくださいました。レスリンは効き目が穏やかではあるが、眠りを誘う効き目もあるとの説明でした。


レスリンの服用は初めてなので、副作用がどんなものか気になりましたが、先生の提案を受け入れ1ヶ月様子を見ることになりました。 


実際の処方は、レスリンのジェネリック(後発薬)である、「トラゾドン」という薬名でした。

レスリン後発薬


薬局で受け取った、薬の説明書に目を通すと、やはり様々な副作用が列記されていました。

「発熱、発汗、めまい」などよく目にするものもあれば、「時間や場所・周囲の状況が理解できない、頭が混乱する」など気になるものもありました。というのも、7月初旬に港区赤坂で飲み会の約束があり、滅多に都心に出かけない身として今から緊張していたからです。慣れない場所で、「時間や場所・周囲の状況が理解できない」のは非常に困ります。


副作用の記述はまだ続きます。つらつらと読んでいて、思わず苦笑してしまったのは、最後にあった「強い痛みを伴った勃起状態の持続」が目に留まったからです。その状態が続くのは困りますが、強い痛みを伴うのはもっと嫌です。

薬副作用



副作用は個人差があり、出る人もいれば出ない人もいます。

困った副作用が出ないことを祈るばかりです。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加