2020/01/30


娘が卒業・就職の前に友達と卒業旅行に行くため、春にパリ行きの旅行の予約をしてきたと言う。

学校の方で企画されていた欧州研修旅行が、学校側と生徒の間でもめたのをきっかけに去年のうちに企画自体が中止になったので、彼女としては気が収まらなかったようだ。


ご存知のように、連日新型コロナウイルスの拡散が報道されている。

親としては娘の希望を叶えたいのは山々だけれど、ひと月後にこのウイルスの猛威が収束してるとはとうてい思えない。むしろ状況は今より悪化していると推測する。


彼女が現状をどう認識しているのかわからなかったし、旅行に行きたい気持ちを慮って、頭ごなしに反対することは避け、いまどういう状況なのかを根気強く2~3日にわたって説明した。

コロナウイルス

 

そして新型コロナウイルスの広がり具合について、世界地図の分布を一緒に見ながら話し合った。

その時点では、フランスにも少なくとも4例が報告されていた。

彼女はその事実にショックを受けたようだった。


最後は涙ながらに状況を受け入れ、旅行をキャンセルすることに決めた。

「お父さんに言われたから諦めたんじゃない、自分で決めたんだからね。」

と言っていた。

また、友達にもフランスの状況などLINEしたら、

「ヤバい、死ぬ。止めよう。」

と即答されたようだった。


娘の話では、その友達は他にも、韓国と大阪への旅行を控えていると言う。

それも心配ではあるが、私が気にかけなくてはならないのはまずは家族なので、娘が納得してくれたのは何よりだ。


その後は、新型コロナウイルスに関するニュースにも関心を持ってくれたようで、培養成功のニュースなどを知らせてくれたりした。

これを機にその他のニュースにも関心を持ってくれること、まず自分の身は自分で守ることを強く望んでいる。



ところで、今回の新型ウイルス汚染をまるで予言したかのような、タイムリーな映画(と言っても2011年)をAmazon prime Video で観た。

コンテイジョン (字幕版) 』というタイトルの映画で、コンテイジョン(contagion)とは「接触感染」という意味。

映画では香港から世界各地に感染が広がっていく様と、感染経路を調査しつつワクチン開発を急ぐ様子を描いている。

派手なアクションやカースタントなどは期待しない方が良いが、静かに爆発的に広がっていく新型ウイルスの恐怖を目の当たりにする。

 


ぜひ、娘や妻にも勧めようと思っている。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字