2020/02

2020/02/29


3月29日から羽田空港の発着がルート変更され増便されます。

それが直接の危険な理由です。


Haneda



なぜ危険なのか?

騒音が増大するだけではありません。

落下物が避けられないからです。


落下物というのは、機体から落ちてくる10cmくらいの氷ばかりでなく、ネジなど部品や機体の一部が振動により落ちてきます。もちろん殺傷力があります。

今までは東京湾上に落ちていて問題にはならなかったけれども、3月29日を境に落下物の問題が表面化します。

実際にテスト飛行の時に東京ではありませんでしたけど2m四方の機体の一部が落下したと言います。


そればかりではありません。

航空機自体が墜落する危険性が増えると予想されます。


それはなぜか? 

横田基地の上空を一定距離あけろと米国から言われたため、そうすると滑走路への角度が急(世界の空港のどこよりも鋭角だという)になるので着陸の難易度がずば抜けているからです。

これが夏場には気圧の関係で、より鋭角になってしまうと言います。

さらに悪いことに、ユーザはパイロットの経験や技能の高さを選べるはずもなく、運任せとなります。文字どおり命がけで搭乗しなければなりません。


また、上空がうるさくなる高層マンションは暴落する可能性が大きいです。


そもそもなぜそんなことになってしまったのか?

(おそらく既得権益にまみれた政治家が中心となって)羽田の発着枠を増やし、ハブ空港にしたかったからです。

でも、専門家のアドバイスを聞かず、場当たり的なやり方で、上記のような生命の危険を冒してもそれほど便数は増やすことはできないと言います。


ここでも政治家の愚かさが露呈されてしまいました。


元パイロットの杉江弘さんへのインタビュー動画をご覧ください。
 



私は飛行機に乗ることはないでしょうし、都心の高層マンションを買う予定も資金もないので関係ありませんが。国際線を利用するとしても成田を使うことにします。みなさんも頭の隅に留めておいた方が良いかもしれません。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/02/28


※総理と側近の会話を妄想。基本フィクションですが事実も含みます。


えっ? 何? 最近ネット界隈で騒がれているって? 

ところで「ネット」ってなんだ? 

インターネットのことか、しょせん仮想空間の話だろ。

現に、国民がアベ内閣を支持しているじゃないか。

abe

 

最近支持率が下がってきているって? 

だから、新型コロナウィルス対策として、

集会やイベントの延期・中止・自粛を政府から要請したんだ。

その途端、コンサートの中止など保険の補償がなくても相次いだじゃないか。

しょせんワタシが指示しなくちゃ自分たちで判断できんじゃないのか? 


また、全小中学校の休校を指示したのも、

ネットじゃなくてワタシの勘ピュータで閃いたことだ。

え? 4万5000人のデータで9歳以下の感染数がゼロだって?

でもそれって中国の調査だろ? アテにならん。

第一、政府が何かやっている感が出せないじゃないか。


うん、保育園を閉鎖しないのは、

両親が子供の面倒に追われたら、共働き家庭は仕事に行けなくなり、

経済が停滞してしまうじゃないか。


そうなんだよな。香港は余計なことやってくれたよな。

18歳以上の市民に14万円支給するってやつだよ。

そんなこと日本で始めたら、ワタシらが毎夜うまいメシ食えなくなるんだぞ。


世間では、
コロナウィルス、コロナウィルスって騒いでいるようだけど、

キミも感染者になるなよ。

間違っても国会内で広めてくれるなよ、立つ瀬がないからな、ガッハッハ!



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/02/27


昨日今日と珍しくTwitterをながいあいだ眺めていました。

誰のフォロワーになるかによって見える世界はかなり違ったものになりますが、政治のめちゃくちゃぶりに暗澹たる気持ちになります。

政治家の発言には怒りや悲しみを通り越して、むしろ失笑してしまいます。

森法相や加藤厚労相や菅官房長官……など見てみるといいかもしれません。

もちろんアベ首相は別格です。


一方、このブログがランキングに参加していることもあり、統合失調症カテゴリーやその上位であるメンタルヘルスのカテもざっと見てみました。

拾い読みしてみると、なんと平和なんだろうと思えてしまいます。

みなさんそれぞれに精神疾患の当事者であって、生活を大事に送っていることが窺い知れます。


私自身、病状が落ち着いているからか余裕ができてきたからか、身の回りのことよりも視線は社会や日本はたまた世界に向いています。

そうすると、平和だなんてこれっぽっちも思えません。

Tokyo2020だって予定どおり実施されるかわかりませんよ。(それで構わないと思っていますが。利権を貪る奴らの悪あがきを見てみたい。)

そればかりかこのままいけば日本は沈むかもしれません。国家として体をなさなくなるという意味で。


これまで国内のさまざまな問題で好き放題やってきたアベのやり方が、今回のコロナ問題の対応で通用すると思っているらしいところがすごい。

今回は世界中が必死になっている中で、日本のダメさ加減が際立って見られることがわかっちゃいないし日本人として恥ずかしい。


政治家のダメっぷりをちょっとだけ見てみましょうか。

まずは、新型コロナの対策予算から




一方で、国民の税負担率。

50年前は24%あまりでしたが、2020年度は約45%とのこと。


そうそう、費用のかかるコロナ対策は進まないのに集金するための確定申告はいち早く期限延長しましたね。

そして、国会にかかる費用は1日で3億円らしい。


新型コロナ対策に戻って、隣の台湾での対応を覗いて見ましょう。




我が国は、以前セキュリティ担当の政治家がUSBも知らない(古くはITをイットと読んだ森元首相もいたっけ)ことが発覚し国じゅうを驚かせました。


そういう国に暮らしていて不安にならない方がおかしいというものです。


個人個人がみな自分の身は自分で守るようになるのは当然です。

その中で私利私欲に走るものがたくさん出てきても不思議はありません。

斎藤環さんという精神科医によれば、ダメになった社会に適応した人間が異常なのであってまともな人間が症状として発病する、ということらしいです。


統失カテやメンヘル・カテの人たちも、以前は自分の思いがうまく伝えられなかったり、自身でうまく処理しきれなかったから、発症してしまったのではないでしょうか? 

症状を抑えるために飲んでいる薬の副作用にさらに苦しむ人も少なくないと思います。


気力のある時、元気な時に、ぜひ情報を整理してみましょう。

病気発症の根本原因がわからなかったとしても、こんなにバカでも政治家やってられんだ、じゃあ逆に自分がしっかりしなきゃ、と思えるかもしれません。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/02/24


昔、「言葉にできない」という歌を小田和正が歌っていましたね。

ここんところずっとそういう気分です。

でも、愛の言葉を探しているとか、嬉しさを表現するのに困っているというわけではありません。

言葉や文字を通して入力し、自分の言葉で表現するのがとっても面倒くさいと感じてしまうのです。

いっそのこと、脳に欲しいデータを直にインプットして、自分なりの処理を施したあと、皆さんに瞬時に伝わる時が早く来ないかなぁと夢想している今日この頃です。

こうして書いている今もまどろっこしくて仕方がありません。

word
 


ブログ(に限らず、ネット情報や書籍、活字全般含め)を読んでいる皆さんもそうじゃありませんか? 

文字を目で追って読んでいくのが億劫に感じたことはありませんか? 

せっかく読んでみたのに欲しい情報に辿り着けなかった、なんていう残念な気持ちになったことも多いはず。

音声やYouTubeなど動画でも同じことです。

シーケンシャルにというのか1語1語順を追って入力(読む・聴く)或いは出力(書く・話す)していくのは、デジタル信号として入出力するのに比べてはるかに時間がかかることだし、その時その時に感じたり閃いたことを後でブログなどの形に残そうと思っても、話が終わってみるともうそこには跡形も無くなってしまい悔しい思いを何度も重ねています。



今日1日を振り返ると、家の掃除をした他は AmazonのPrime Videoで映画を2本とYouTubeで宮台真司と神保哲生の番組を2本見ました。終わる間際に娘が腹を空かせて帰ってきたので夕食の支度をしました。


いつになく動画をたくさん観ることができ、情緒的刺激や知的刺激を受けることができました。


映画は『 wonder 君は太陽 』と『 JOKER 』です。

『wonder …』は遺伝子の異常で生まれながらに顔が奇形の小学生が、いじめに遭いながらも周囲の気持ちを徐々に動かし、最後は学校で表彰されるに至るハッピーエンドの物語。

これは、娘がお勧めしていたので観てみました。結末は予想できていてもジーンときてしまったのは、私はウブだからかな? 

『JOKER』はすでに観た方も多いかもしれません。

全篇通して暗いトーンで描かれ、テーマも重い。期待以上に心揺さぶられ考えさせられました。自分としては高評価。


YouTubeは「誰が何に対してそんなに怒っているのだろう」というテーマで、ジャーナリスト神保哲生の司会で社会学者 宮台真司が精神科医の岩波明という人を迎えて社会学、精神医学の面から語り合う。

モンスタークレーマーの台頭、車が来ないのに赤信号を待つ風潮、夫婦別姓選択への反対の謎などの身近な問題のほか様々な問題を取り上げ語り尽くす。
 




これだけ長時間、脳に刺激をうけ情動を刺激されましたがそれを皆さんと共有するのは難しいです。それは私が伝えるのが下手だからです。というか、ことば・文字にはそもそも限界もありますし。


兎にも角にも、文字を介さずに脳みそがデータをやりとりできる時代が来るまでは、ことばと格闘し続けなくてならないようですね。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/02/20


こういう事態になるであろうことは3週間も前から想像できた。

そして無策に近い政府に期待できず、自分で自分の身を守るしかないであろうことも。

1ヶ月前から隣の国で対応にあたふたしているのだから、反面教師にするべきだった。また、その後の思い切った対応は参考にするべきだった。


COVID19



ダイアモンド・プリンセス号の乗客下船のニュースを見ていたある時、こんな歌を思い出した。


♪ ダイアモンドだね~

  あ~ いくつかの場面

  あ~ うまく言えないけれど

  「地獄絵図」だよ

  あの時感じた~

  あ~ 予感は本物

  あ~ 今 私を動かしてる

  そんな~気持ち~ ♪

(ダイアモンドbyプリンセスプリンセス)一部変更


ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  


 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加