2020/04/06


時節柄、みなさん衛生にいっそう気を配っていることと思います。

首都圏では緊急事態宣言があすにでも出るもようなので、これからは外出するにも人の目が気になるところです。

covid-19
 


私はといえば、月1回の診察以来、1度だけ買い物に出たのみです。

と言ってもコロナ発生以前からの生活と大差ないのでストレスではありませんが(笑)。


私の生活は変わりないのですが、いま社会の状況は日々深刻になっています。

なので、診察にもしばらく行くのは控えようかと先月から思案してます。

以前の記事で書いたようにクリニックはオンライン診療には消極的です。

わざわざ都心までウィルスの巣窟に入っていくことはないのではないかと思っているので、予約をキャンセルをするつもりです。


だって、もしいま感染したとしたら、すぐに検査を受けられるかどうかわからず、

しかも重症だったとしても、その時点で病院のベッドや医療機器が割り当てられるかどうかわかったものではありません。

自宅療養ですむとしても、今度は家族に危険が及びます。


そこまでリスクを冒して、診察に行くメリットは感じません。

もちろんくすりが足りるかどうかは心配ですが、幸いにしてこれまで時間をかけて服薬量を減らしてきました。


抗精神病薬であるエビリファイは断薬することはできないので、錠剤を割って飲む量を半分にするなり、1日おきにするなりして、なるべく長引かせようと考えています。

睡眠導入剤のマイスリーについては、飲まずに済めばそれに越したことはありません。理想は自然な睡眠です。

それ以外のくすりは気休めなので、なくなっても大きな問題にはなりません。


うまくやれば、2ヶ月くらいは持つのではないかと思われます。


家族を守るためにできることは、まず自分が感染しないことです。

家族を守ることができれば、家族と関わる人たちも守れるし、ゆくゆくは医療崩壊を防ぐ助けになればと願っています。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字