前兆

2018/04/07

入浴中のことだった。 

 

いつものように洗顔した後、頭髪を洗って流し終わった。 

そして身体を洗い始めた時、それは始まった。 

 

何か奇妙な物音が発せられたのだ。 

「キュルキュル」とも「チュルチュル」ともつかぬ音とともに、「シューシュー」というような空気の漏れる音だった。 

 

その日、外は強風雨で家族は外出していた。

静かな浴室で上記の物音がした時、最初は外との気圧の差が原因で排水溝が鳴っているものと思っていた。 

身体を洗い進めていると、再び「キュルキュル」「チュルチュル」「シューシュー」の音がする。


違う。排水溝じゃない。 近距離からの音だが上方から聞こえてくる。

身体を洗う手を止め、状況を把握しようと努める。

「キュルキュル」「チュルチュル」「シューシュー」。


音の出所を透視するかのように沈黙を保つ。



冬に給湯器を新型のエコジョーズに交換してから、再燃焼時に利用されたドレンが、浴槽の排水溝へ排水される仕組みに変わったため、時折排水される音がすることは今までにもあった。

しかし、今回の音はそれとは異質のものだし、何しろ排水溝からでなく天井裏から聞こえてきたのだ。


では幻聴か? 

確かに幻聴が起きた時には、幻聴という自覚はない。後から振り返って幻聴だったのだと理解する。

しかし、幻聴の時は音(声)の出所が曖昧で、時にはすぐ耳元だったり、頭の中から聞こえてくるものだった。しかも、なんらかの意味を持っていた。今回は意味不明の物音だし、天井裏からとわかる。


「キュルキュル」「チュルチュル」「シューシュー」。

何か小動物が会話しているようにも聞こえてきた。


ネズミ!?

そう思い至ると、鳥肌が立ってきた。

「キュルキュル」「チュルチュル」「シューシュー」。

こんなに至近距離でしかもこちらは素っ裸と無防備だ。

でも流石に密閉度の高いマンションであるだけに、浴室にネズミが顔を出す隙間は幸いにして存在しない。

天井を一度だけコツンと叩いてみる。ーー沈黙。

反応がないので再び身体を洗い始める。



街に住むネズミは文字通り命がけだ。

かつてニュースでやっていたのは、都会のオフィスビルの中にネズミが住み着き、ケーブル類をかじって断線させ、人間活動に被害が出ている、というものだ。

或いは、地下鉄のホームに立っていると、線路付近に姿を現しちょこまか動いているのをたまに目撃することがある。


果たして、マンションにもネズミが住み着くことがあるのだろうか?

だとすれば、どこから入ったのか?

エレベータのドアの隙間から入り込み、ケーブルを伝って……?

餌はどうしてるんだろう? 人間のいない時間帯に部屋に現れるのだろうか? それとも共喰い? 



考えれば考えるほど、気持ち悪くなってきた。

そそくさと身体を洗い流し浴室を後にした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/05/19


周りの様子がおかしいと思い始め、

上司に休みを取るように

勧められ休職し、

デイケアに行くことになった頃。


まだ病識がなかったことと、

医者を信用していなかったことから、

薬の処方を拒んでいました。

自分の力で治すと宣言して。



デイケアについては、

これまでに幾度となく触れています。

ご興味ある方は検索してみて下さい。



そのデイケアに通っている中で、

頭の隅に引っかかる出来事が

ありました。


それは、トイレでのことです。


用を足しに入ると、

便器内の水が黄色く濁っているまま

流されずにあるのです。

見るからに、1人や2人ではなく、

何人も使用した後が見られます。


下水用水の節約か何かのしきたり

みたいなものがあるのだろうか? 

と当時疑問を抱きました。


また或いは、「水に流す」という

言葉がありますが、

「お前の過去は水に流さないぞ」

と言われているようでもありました。


結局は、衛生面を考えて流しました

が、釈然とはしませんでした。





それから、2年ほど経った頃、

結婚して新婚旅行に米国西海岸へ

行ったときのことです。


たしか、サンフランシスコの免税店

だったと記憶していますが、

頭の隅に引っかかっていた事が、

蘇りました。


免税店のトイレに入ると、

そこにも流されないままの汚水が

溜まっていたのです。



人は、何かの出来事に直面した時、

そこに拘泥することはあまりないと

思います。


しかし、同様の出来事が起きると、

例えそれが偶然であったとしても、

そこに、共通点や必然性を

見出そうとするような気がします。


今回のケースでは、

日本にあるデイケアのトイレと、

日本の裏側の米国の免税店のトイレ

で同様の出来事があったのです。


誰も流していないものを

お前はそれでも流せるのか?

と試されているようでした。


健常者であれば気にしないところで

しょうが、当時の私は周囲の様子が

ヘンだと感じている状態でしたので、

流した後も、

非常に気になっていたことを

いまでも覚えています。



流してはいけない何かの理由が

あったのかもしれませんが、

私の行動はまぁ水に流して下さいな。





ポチって頂けると励みになります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/09/29


こんにちは、お久しぶりです。


前回投稿から色々ありましたが、

記事を書く時間もないほど忙しくしていたかと思うと、

うつ気味になってパソコンを開くことすら億劫に

なったりと、投稿する機会を逸していました。


温かい目で見守って頂けると幸いです。



さて、この間に診察の日がありました。

その際、図書館に時々通うことにしたこと、

間食が減らないこと、などを先生にお話しました。


(「158 薬の知識の塩梅」の後半でみなさんにお話した

ようなことを先生にお伝えしました。)


間食の原因が抗精神病薬なのではないか? と。


すると、ジプレキサ が半分に減薬されました。


そして、レクサプロは前回1錠に減薬され、今回も変わらず

でした。


先生が私に、本の内容が頭に入ってくるかどうかを尋ねたのは、

抗うつ薬であるレクサプロを2錠に戻す必要があるかどうかを

確認したかったのだと思います。


イエスと返事をしたので、レクサプロは1錠のままとなった

のでしょう。




そして、2~3日後のこと。

家族で夕食を外で摂ることになり、

先に買物をしていた妻と娘に、私が合流しました。


入った店は、回転寿司やさん。

いつものように、ワイワイと食べていると、

なんだか具合が悪くなってきて、脂汗が額から出てくるのです。


この感覚には覚えがあります。

関係妄想や注察妄想が始まる前兆のようでした。


調子が良くないことを妻に告げ、

彼女も、先に帰る? と訊くので、

そうすることにしました。



外出中に具合悪くなるのは久し振りでしたが、

おそらく、ジプレキサが半分に減ったためかもしれません。


あるいは、二人と私のあいだで、多少ギクシャクしていた

ことも考えられますが、それは取るに足らないほどです。



その代わりに幸いなことに、間食は減る傾向にあります。


効果は一長一短ですが、もう少し時間をかけて

様子を見ていきたいと思います。




クリック(タップ)頂けると励みになります。


統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/08/23


生データ入りのテープの一件(「情報漏洩疑惑!?」)からしばらく

月日が経ち、記憶の隅に追いやられたある時のことです。異動して

1年くらいが経過したころでしょうか。


何だか周囲の様子がおかしいのです。上手く表現できませんが、自分

が今いる状況が不自然なのです。



古くからいる課のメンバーに技術的なことを質問したときのことです。

答えてくれたかと思うとすぐに無表情(或いは、険しい表情)になり、

彼自身の業務に戻ります。他のメンバーでも同様のことが何度かあり

ました。私には彼らがよそよそしく感じられました。


ただ忙しかっただけかも知れません。でもその時の印象は、彼らは

まるで私と接触することを禁じられているかのようでした。



こんなこともありました。

以前、プロジェクトを手伝って下さった先輩から、近いうち結婚する

との知らせを受けました。

その日の帰宅途中、バスで乗客のオジさんらが結婚の話をしている時、

出てきた名前が先輩の名前と同じだったのです。



また、こんなことも。

カノジョ(のちに妻となる女性)の賃貸マンションに外泊中、深夜に

若い輩数名が大声を上げていました。

すると窓ガラスにコツンと音がしたのです。まるで、銀玉鉄砲の弾か、

小さな小さな小石が当たったような音でした。

そのとき、見張られているようで薄気味悪い気持ちになったのを覚えて

います。



偶然と言ってしまえばそうかもしれませんが、不自然と思える出来事が

ほかにも次々と起きては見過ごせません。何か関連とか原因があるので

は? と思えて仕方がなかったのです。



しかしこれは、ほんの始まりに過ぎなかったのです。

 




統合失調症がやってきた


以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加