妄想

2020/04/10


人の書いた原稿を読みあげ、ウソつき放題、そのウソのため人が死んでもその責任を取らない(森友問題)のに、年間2200万円に加え手当て2000万円が約束されている人はだあれ? 



アベ首相。



Twitterで「2200万円」と検索すればあふれるほど結果が出てくる。

Wikipediaで調べればさらに詳細を知ることができる。


 

国会議員の年間給与(歳費)は平均で2200万円であることがわかる。

それ以外にも、文書通信費が毎月100万円のほかさまざまな手当てを加えて、平均で4200万円なり。

米国、英国など抜き世界最高水準とされる。


手当てを除いても、議員の「平均」で2200万円なので、アベはそれをゆうに超えているはずだ。

笑いが止まらなくても無理はない。


国民がコロナで死のうが、閉鎖により無給で生活に苦しんでいようが、関係ない。

歳費はいつものように支払われる。

それはアベ自身が口にしている。

「この状況でも収入に影響しない」と。

どうりで危機感がないわけだ。




新型コロナが流行りだした頃、政府の対応があまりに遅いので、1月にはこれは大変なことになりそうだとイヤな予感がしていたが、その後の政府の愚策ぶりには開いた口がふさがらない。あ、それをふさぐためのアベノマスクだったのか。

特効薬?
 


前々から妄想していたのは、議員たちの間で新型コロナウィルスが広まれば、少しは危機感を感じるのではないかということだった。

それが、政策を前に進める「劇薬」になるのではないかと。


でも今は、その妄想がまちがいだったと感じる。

理由は、クズ中のクズのために病院のベッドが使われ、ドクターと他のスタッフという多くの貴重な人材を煩わせてしまう。

無策・愚策のために医療崩壊と日夜たたかっている人たちをさらに危険にさらしてしまうことになる。


感染しICU(集中治療室)にいるボリス・ジョンソン英首相が語っている。

「この病がいかに無差別かを思い知らされた。この恐ろしいウィルスに国境や地位、居場所は関係ない」と。


回復に向かっているとのことだが、はたしてアベに同じような気づきを期待できるかわからない。


では、どうすればいいのか?

名案はないけれど、少なくとも私たちができることは、要人の言動を憶えておくことだ。そしてなんとかコロナ禍を生き抜くことだ。

コロナウィルスという危機が、まともな人間かそうでないかをあぶり出してくれる。

次の選挙で、私たちが選ぶ大きな材料になるのだから。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/02/28


※総理と側近の会話を妄想。基本フィクションですが事実も含みます。


えっ? 何? 最近ネット界隈で騒がれているって? 

ところで「ネット」ってなんだ? 

インターネットのことか、しょせん仮想空間の話だろ。

現に、国民がアベ内閣を支持しているじゃないか。

abe

 

最近支持率が下がってきているって? 

だから、新型コロナウィルス対策として、

集会やイベントの延期・中止・自粛を政府から要請したんだ。

その途端、コンサートの中止など保険の補償がなくても相次いだじゃないか。

しょせんワタシが指示しなくちゃ自分たちで判断できんじゃないのか? 


また、全小中学校の休校を指示したのも、

ネットじゃなくてワタシの勘ピュータで閃いたことだ。

え? 4万5000人のデータで9歳以下の感染数がゼロだって?

でもそれって中国の調査だろ? アテにならん。

第一、政府が何かやっている感が出せないじゃないか。


うん、保育園を閉鎖しないのは、

両親が子供の面倒に追われたら、共働き家庭は仕事に行けなくなり、

経済が停滞してしまうじゃないか。


そうなんだよな。香港は余計なことやってくれたよな。

18歳以上の市民に14万円支給するってやつだよ。

そんなこと日本で始めたら、ワタシらが毎夜うまいメシ食えなくなるんだぞ。


世間では、
コロナウィルス、コロナウィルスって騒いでいるようだけど、

キミも感染者になるなよ。

間違っても国会内で広めてくれるなよ、立つ瀬がないからな、ガッハッハ!



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/02/20


こういう事態になるであろうことは3週間も前から想像できた。

そして無策に近い政府に期待できず、自分で自分の身を守るしかないであろうことも。

1ヶ月前から隣の国で対応にあたふたしているのだから、反面教師にするべきだった。また、その後の思い切った対応は参考にするべきだった。


COVID19



ダイアモンド・プリンセス号の乗客下船のニュースを見ていたある時、こんな歌を思い出した。


♪ ダイアモンドだね~

  あ~ いくつかの場面

  あ~ うまく言えないけれど

  「地獄絵図」だよ

  あの時感じた~

  あ~ 予感は本物

  あ~ 今 私を動かしてる

  そんな~気持ち~ ♪

(ダイアモンドbyプリンセスプリンセス)一部変更


ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  


 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/08/12


贈り物やプレゼントして喜ばれるのは難しいという話。


ある遠い親戚の叔父さんとの会話で、ゴルフをやっていると言うから「良いですね」とあいづちを打ったら、後日ゴルフクラブセットがゴルフバッグごと送られてきた。私はゴルフやらないのに……。

見ると使い古してもう使う予定のないもののようだった。

置き場所に困りはてて玄関扉近くのトランクルームにしまいこみ、結局何年もそのままの状態でトランクルームの一定のスペースを占めていた。

最後は意を決して有料で廃棄処分にしたが、処分に踏み切ったきっかけはそのころ妄想が激しくてゴルフクラブに通信機あるいはGPSが仕込んであり、何者かに自分の家の場所が知れてしまったと確信していたからだった。


送り主からしてみれば、ゴルフを勧める親切心からか、処分する罪悪感を回避するためか、受け手のことを考えてくれていたのか疑問が残る。



そのほかに、妻のお姉さんからのものがある。

何ヶ月かごとに遊びに来るが、その度に何かしら頂きものがある。

多くは娘に向けて、着なくなった洋服や靴などである。

流石に娘も成長し、自分の嗜好が確立しつつあるから、最近は予めスマホで写真を送ってきた上で欲しいかどうか確認してからという段取りになったようだ。

服や靴のほかにも、ディズニーの置物(高さ30cm弱)やキッチングッズ(野菜をみじん切りにするボウル)、フェイスマッサージ用の美容グッズ、小物多種多様。

いずれも家族に必要なものでないし、欲しかったものでもない。

使われずに埃が積もっており、無用の長物となっている。


ボウルとオルゴール


そのほか、旅行土産のお菓子や手作りのおかず・洋菓子、大量の化粧品サンプルなども頂く。

これらはいずれなくなるものなので差し支えないが、置物やグッズなどは扱いに困るのでできればお断りしたいところだけど、義姉さんも良かれと思って持ってくるのだろうからなかなか拒絶できるものではない。



はたと思い出した。

自分達にも思い当たる事がある。

私たちの結婚披露宴の引き出物のことである。

当時の引き出物はいかにたくさんのものを持ち帰っていただくかに主眼が置かれており、それが当たり前だったのだ。極めつけは皿のセットだった。

今ならカタログギフトと洋菓子のように持ち帰る際に苦にならないような、コンパクトで軽いものを選ぶはずだ。またどの家庭にもあるようなものは選ばないはずだ。

皿のセットをもらった方々はどれほど困っただろうと思うと反省しきりである。


いずれにしても、プレゼントやお土産など喜ばれるものを選ぶのは難しい。

消費してなくなるものが無難だという気がするが、それにしたって好みがあるだろうから相手のことをよく知らないとやはり難しいことに変わりはない。






ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/26


沖縄の方ではすでに先週、梅雨明けしましたね。 

関東地方の梅雨明けはあいにくまだのようです。 


私の最も苦手なものの一つが梅雨です。 もともと発汗が多いので、湿度の高い日は汗が蒸発せずにジトジトしてしまいがちです。 


とは言え、これまで30度を超えるような真夏日はあまりなく、涼しい日も周期的にあり、なんとかエアコンなしでも過ごせています。 エアコンを入れないということは、窓を開けているということなので、屋外の大きな物音が入って来るということでもあります。 それ自体取り立てて問題にするほどではありません。 


しかし、苦手なもののもう一つがあるのです。

それは時々夜遅くに突然聞こえて来る、若者たちが爆笑する笑い声なのです。 深夜なので昼間にはなかった静寂が包んでいます。 そんな中で、突然、傍若無人と思えるほどゲラゲラと笑い合う若者たち。 時には奇声を発する者もいます。 特に夏に向けて気持ちが開放的になるのか、今頃の季節に多い気がしています。 本人たちはこれほど近所中に響き渡っていることを知らないか、意識していないと思います。


多くの人はそんなに気に留めないかもしれません。でも私にとっては苦手なのです。 例えば、黒板に爪を立てて擦る音が、鳥肌の立つほど苦手な人がいます。(私自身はなんとも感じませんでしたが。)それと同様に他人には分からないような苦手なものが、人それぞれあると思います。


深夜の爆笑をなぜそんなに嫌がるのかというと、それは多分、陽性症状がひどかったときのトラウマだと感じています。 統合失調症の特徴的な陽性症状の一つである関係妄想が原因で、自分が笑いものにされていると思ってしまうのです。


だから電車に乗っている際、サラリーマン数名が談笑しているシーンも怯えてしまいますし、また、女子高生たちがケラケラ笑い合っている場面も怖いです。 

こう話すと、私のことを誤解する人がいるかもしれません。キツネ目をした猫背の、人の目を避けるようにしている姿を。 いえいえ私は二重のパッチリ目ですし、姿勢はかなりいい方だと思っています。また自分で言うのも変ですが、小・中学生時代はスポーツ、勉強ともに優秀で、女子からはモテた方です。高校学園祭ではギターの弾き語りで、女子生徒から扱いに困るほどの花束をいただきました。 そんな経験も重ね、自意識が多少高かったことも、統合失調症を誘発する土壌だったのかもしれません。 


外出中に怯える場面に出くわす時は、それなりに緊張しているので心の準備ができていますが、自宅でくつろいでいる時に突然飛び込んで来る爆笑の声には、不意を突かれてビクッとしてしまいます。


妄想によって受けた心の傷は、思いの外深かったのだなと改めて思い知らされる瞬間でもあります。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加