意欲減退

2020/03/09


もしやこの頭痛は新型コロナに感染したんじゃないか!? 


この何日間か起床後から激しい頭痛に悩まされていました。

あまりに激しいので何もやる気が起きず、ましてやブログ更新などできませんでした。


前回の診察のため都心に出たのは約2週間前でしたので、発症し始めたのかと不安になっていたのです。

初期症状はふつうの風邪に似ていると聞いていましたが、体温は(平熱よりは高かったものの)36度台でしたので様子を見ていました。

Headache
 


今朝は激しい頭痛もなく、今もいつものように過ごせています。

まずは一安心です。

この2~3日はずっと倦怠感と不安と原因探究の日々でした。

パソコンとスマホによるブルーライトにやられたのか? とか、

脳の血管が破裂寸前なのではないか? とか、

最近のニュースもろもろのストレスによるものか? などと探っていました。


最近のニュースについては、あなたも頭(あるいは心)を痛めているのではないでしょうか。

やれ感染者が何人だ、やれ政府は何をやっとる、やれ商品が売り切れだ、やれ株価暴落だ、やれ生活が不安だ、とネガティブな情報に満ち満ちているのですから。

頭痛のタネにならない人はいないんじゃないですか? 


これらのネガティブ情報はみな新型コロナウィルスを発端とするものですね。

先週は頭痛に悶絶しながらも、株価チャートを冷静に眺めていました。

去年のうちに現金比率を増やしていたとは言え、たしかに銘柄により含み損は増えていますが、狼狽売りはしません。

また、日経平均が高い時に日経ダブルインバースというETFを買っておいたので、今日時点で含み益は35%前後を推移しています。今後もさらに膨らむと見ています。


コロナ感染の終息が見込めれば、株安も底を打つはずですが、私は当分(何ヶ月という単位で)株安は続くと見ています。

ダブルインバースの含み益が今の倍ちかくになるまで様子見をして、ここぞというときに利確・安い銘柄の仕込みをする予定です。


株乱高下はしばらく続くとしても、激しい頭痛がこのままおさまってくれるといいのですが。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/04/15


ひとはいつまでも若いままでいることはできない。

そんなことは言われなくても誰でも分かっていることだろう。頭では。

頭は正常な判断ができたとしても、体の方は日々年老いていく。

脳みそに体が付いていかない。体は硬くなってなってくるし、あちこち痛むようにもなってくる。この年齢になって身に染みて分かってきた。


私の場合、顕著なのは筋肉量がめっきり落ちてきたことだ。特に足腰の筋肉はヒドいことになっている。

5~10分と歩くだけでも、股関節が痛くて若い頃のように大股ではとても歩けない。立っているだけでも辛くてしょうがなくなる。

だから月一回の診察で出かけるときは、片道1時間以上もかかるので決死の覚悟で臨んでいる。

在宅のときは、長い時間椅子に座っていると今度は坐骨が痛んでくる。坐骨は、座面に接するお尻の骨のことだけれど、臀部の筋肉も落ちてきたことがよく分かる。

坐骨

大元の原因は運動不足であることは重々承知している。

せめて散歩くらいはした方が良さそうだけど、歩くことすら痛みを伴う私にとってはちょっとした勇気と決断が必要だ。

こうなってしまったのには理由がある。長い間抑うつ状態・意欲減退が続き(今でもそうなのだけど)、ひんぱんに横になっていた。何もする気が起きず、ただ radiko を流しながら横になっていることが多くあった。

はじめのうちは体への悪影響は気づかなかったけれど、徐々に加速度的に筋肉量は減っていったのだ。


若い頃は格好良く見せようとプラスαの筋肉をつけるために筋トレをしたものだったけれど、今や健康を維持するにはマイナスを埋めるために運動しないといけないようだ。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/11/30


生活は極めて質素だと思います。

必要なもの以外は購入していません。むしろ必要なものすら十分に買っていない状況です。

若い頃は衝動買いもしましたが今では全くしていません。

収入以下の生活を送っていますので、借金は住宅ローンを除いてありません。


それなのに「首が回らない」とはどういうことか? 

首の付け根が痛くて回せない、という文字通りの意味です。 


初めは寝違えたのでは、と思っていました。

日中何をする意欲もなく、寝転がってばかりいたからではないかと。

ところが1週間経っても、一向に痛みが収まる様子はありません。

少しでも和らげようと、首の曲げ伸ばしをしたり回したりしようとしても、あまりの痛さで思うように動かせないのです。


痛みが始まったのは、前回診察でミグシスという薬が処方されてから1週間後くらいからです。

ミグシスは、片頭痛を予防する薬で、カルシウムの働きを抑えて脳血管の収縮や脳の血流量の低下を抑制する働きがあります。


以前の記事(「371 キケンな糖質制限」)で、頭痛にはハチミツが効くとお話しましたが、効き目のない時もあったので診察時に相談したところ、ミグシスが処方されたのでした。

ミグシス


服用後に頭痛から解放されたと思った矢先、首が痛くて回らなくなったのです。首の付け根の痛みは四六時中続くので、頭痛よりも返って苦しいくらいです。


ミグシスの副作用をチェックしてみても、該当する内容は見当たらないので、やはり寝違えたのかもしれません。たまたま時期が一致していたのでしょう。


寝違えだとすると、痛さを我慢して無理に動かしていたことが悔やまれます。痛くない姿勢で安静にしていれば、1週間程度で自然に治るらしいのですが、こじらせてしまったかもしれません。


「046 視界に幕が!?」

「075 薬の副作用の色々」

「145 クスリのリスク」

「157 薬のヤバい知識」




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/10/06


今、大流行りの低糖質ダイエット。ロカボダイエットとも言われますが。 

適切な糖質制限なら健康な体に近づけますが、極端な低糖質に走るのは危険を伴います。 

今回は実際に体験した糖質制限の悪影響とその対処をお話ししたいと思います。 


 

肥満の原因が糖質であることには、しばらく以前からスポットが当てられていました。肥満の直接の原因はカロリーの多寡でなく糖質の量による、というものです。

自身も興味があり、血糖値の急上昇(脂肪増加の原因)を抑えるという、食べる順序ダイエットや食前のナッツ類摂取などは、かれこれ1年以上続けています。また、夕食の白米は量をそれまでの半分以下にしていました。

それなりに結果も出ました。胴囲の脂肪は減り、体重は減少傾向にあります。


ところが夏頃から頭痛に悩まされることになりました。

元来、頭痛持ちでないので、頭痛薬を飲むことはなかったのですが、この頃から頭痛薬に頼ることが増えました。効く時もあれば効かない時もありました。

当初は、季節がら台風の影響(気圧の変化)を受けての頭痛だと思いました。

でもどうやら台風の接近とは無関係に頭痛が起きたり起きなかったりするので、関係は薄いようでした。


左股関節が痛かったこともあり、エコノミークラス症候群も疑いました。

つまり、血の塊が脳にまで達していたのではないかと。

頭痛の原因が解らぬまま時は過ぎました。



糖質制限と頭痛に関係があるのではと、先日ググってみまたらビンゴ! 
https://toremo.jp/archives/10493 

やはり関係がありました。

脳の働きは糖をエネルギーとしているので、糖質制限をするとエネルギー不足から頭痛が起きるのです。そりゃそうだ、なぜ今まで気がつかなかったんだろう。

脳がエネルギー不足になると、「頭痛」のほか「吐き気」「めまい」「手指が震える」「顔が青白くなる」「不安感が生じる」「動悸がする」などの症状が出るらしいです。


そのエネルギーを補うために他の栄養分を筋肉や骨から持ってきます。

結果、筋肉量が減り骨粗鬆症にもなりやすいというのです。


確かに最近、肩から腕にかけて筋肉が減った、といことを妻にも話していたところでした。


また、晩酌として夕食前に焼酎を飲むと頭痛が引き起こされることもありました。考えてみると、アルコールを分解しようとして肝臓が糖を使うため、脳に行く分の糖が足りていなかったのだと思います。

長年晩酌を習慣としていますが、飲酒によって頭痛が起きるのはこの数カ月に限っての現象です。



では、脳のエネルギー不足をどのように解消したら良いか、と言えば、意識的な糖の補給です。

ハチミツなどをひとくち舐めるのです。

グラニュー糖などの精製糖は避けたほうが良さそうです。血糖値を急上昇させるので脂肪を溜め込みやすいらしいです。

非精製糖であるハチミツやメープルシロップがオススメのようです。


実際に頭痛発生時にハチミツを試しましたが、頭痛薬よりも効き目が確実で早く効きました。

同じような症状に悩まされている方は試してみてください。

ただ、それでも効き目がない方は、原因が他にあるかもしれませんので、医者に相談したほうが良いかもしれません。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/07/26


最近、食欲がありません。 


朝は通常、パン食にバナナとヨーグルトを頂いていますが、パンが喉を通りにくく、胸がいっぱいになってしまいます。 

なので、今朝はバナナとヨーグルトのみでした。

そういう時は、いつもなら昼にはお腹が空くのですが、昼を過ぎても食欲が湧いてきません。

昨日も食欲不振で、支度・片付けの面倒もあり、カップ麺で昼を済ませました。

今日は、まだ昼食を摂っていません。


いよいよ夏バテになってしまったのでしょうか? 

ニュースでは、連日のように熱中症で救急搬送された人数を報道していますが、幸い私はそこまでには至っていません。


ですが、日中は冷房も入れず、扇風機で凌いでいます。

もちろん身体中汗でベトベト状態です。

なぜそうしているかというと、妻が朝から暑い厨房の中で働いている間、私が家で涼しい中にいることが申し訳ないからです。


エアコンを入れるのは、妻が帰って来てからか、帰る少し前になってからです。


今年は梅雨明けが早くてまだ救いでしたが、それでも猛暑日が続いている中、エアコンなしで日中を過ごすのはさすがに辛いものがあります。

食欲がないのはそのためなのかもしれません。



あるいは、薬の副作用も考えられます。


前々回の診察から服用するようになった、レスリンです。

当初心配していた副作用(時間や場所・周囲の状況が理解できない、頭が混乱する、強い痛みを伴った勃起状態の持続、などなど)は見られず、他にも気になるような副作用はなく、安堵していました。


食欲不振はレスリン服用の結果かもしれません。

が、今の体調が維持できる限りはあまり気にせず、むしろ減量する好機と捉えていこうと思います。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加