補足

2020/05/30


20年以上も前に統合失調症にかかり、ずっとたたかってきました。

さまざまな妄想や幻聴・幻味・幻視などの幻覚を経験し、入退院もくりかえしながら働いていました。

入院中やデイケアでは多くの患者らと活動を共にしたりしました。


ゾンビのようになってしまう方がいる一方、病気を抱えながら社会復帰する方もいました。多くはその(ゾンビと社会復帰の)中間の方々かと思います。

自分はといえば、就労は果たせぬものの、幸いよくなっていると感じています。


Patient



気持ちがだいぶ楽になったいま、なぜ統合失調症が改善しない(または、改善と悪化をくり返す)方が多いのか考えました。

身をもって経験したことに基づいて仮説を立ててみました。


統合失調症が改善しない原因は端的にいって次の3つではないかと。

1.薬

2.脳は未解明

3.患者と医者の共依存



1. 薬に頼りすぎが良くないと思います。服用する量が多いほど、期間が長いほど改善がむずかしくなるのではと考えます。


そういう処方(多量、長期間)をされている患者の中には、目や表情、動作が死んでいて廃人のようになってしまう方々が少なくありませんでした。自殺者もいました。

急性期や消耗期には、量と期間を適切に調整することが医者の力量にかかっています。私たちは服薬を守ることが大事です。

薬によっては副作用に思考の混乱や倦怠感など、社会生活に支障のあるものも少なくありません。

病状の波が小さい時や回復期にある時はできるだけ服薬量を減らすのが理想ではないかと思います。

人間の(生物の)自然治癒力あるいはホメオスタシスを信じたいところです。



2. 脳についてはわからないことが多く、いまだに未知の領域とされています。


統合失調症も本当の原因はわかっていません。古代ギリシャからすでに存在していたとされる記録が残っている病気にもかかわらず。

つまりは、どの症状にどの薬が効くのかは経験的にしかわかりません。

しかも患者により効き目が違ったり、副作用も違うので類似の薬をとっかえひっかえ試してみるほかないのが現状です。

医者は患者との問診に頼るしかなく、患者がどれだけ自身を観察し正確に報告できるかが鍵となります。

脳の中でどういう変化が起きていて、どの薬が効いているのかは患者本人だけが知って(体感して)いるのです。


発症の原因の一つに認知の歪みが考えられます。

最初期は、本人にとっては周囲の小さな異変として認識されますが、自分の理解に整合性を取ろうとして次第に世界の大きな異変に気づき、ついには発狂します。

ボタンのかけ違い(認知のゆがみ)を正すには本来のボタンホールにはめるしかありません。

1つめは、正しい情報を得ること。

2つめは、それを健全に判断し健全に理解すること。


でも、言うは易し行うは難し。

最初に正しい情報を得なければ、健全な判断・理解にも至りません。

むずかしいけれど統失の苦しさに比べれば努力する価値は大いにあります。

ただ、世の中そういうもんだとか、仕方ないじゃんとか、そういう発想の人間は精神の異常をきたす心配はないんじゃないかと思います。もともと矛盾を許容しているわけですから。健常者と呼ばれる人の中にも多いはずです。



3. 患者と医者の共依存は、病気をよくするために理性的に努力せず医者と薬にすがる患者と、病院・医院の経営を有利に運びたい医者との共犯関係が、統合失調症の改善を遠のかせます。


悪いことに、統合失調症は治らない病だという前提があることです。

自分の病気のことを勉強すればするほど、回復困難であることを知り落ち込んだことを思い出します。

「寛解」という言葉をご存知の方は多いでしょう。

病気の前と同じ状態の「完治」はしないものの、服薬しながら社会生活を営めるようになった状態を「寛解」と言います。

現状に甘んずることなく、少なくとも寛解を目指して行くべきだと思います。




以上、3つの仮説を述べましたが補足としてもう少し。


障害者とされている私たちですが、このコロナ禍の自粛生活(=巣ごもり生活)は闘病という点では好機ととらえています。


第1に、対人ストレスが最小限に抑えられること

引きこもっていても罪悪感を感じることはないし、外出したとしても人が少ない。


第2に、ボタンのかけ違い(認知のゆがみ)を正せる機会があること

世の中の矛盾や不合理があることを知り、間違っているのは自分でなく世の中の方なのだ(自分が狂う必要はなかったのだ)ということがわかる機会が多いと思います。

例を挙げれば、アベ政権のやることなすことが虚偽・粉飾・改ざん・隠蔽などなど不正の限りを尽くしています。どう考えても、為政者こそ病人としか思えません。いまだに3割以上の支持率があることすら信じられないくらいです。支持者は情弱か利権に絡む人でしょう。

他の例は、自粛警察やSNSでのいじめなどを見ても、社会が狂ってるとしか思えません。不安や文句の矛先が明らかに間違っていますよね。営業している店舗でなく早く補償すべき政府、木村花さんでなく「リアリティ」として演出したフジテレビ、に問題提起するべきでした。


第3に、経済はシュリンクしても障害年金が減ることは当面ないこと

説明は不要ですね。

ただし、今回の経済対策と来たる第2波、3波の経済対策のしわ寄せが遅かれ早かれ増税につながることは確実で、社会保障費も削られる可能性に注意が必要。



今回は、統合失調症が改善しないワケ として3つの仮説を述べました。

1.薬への依存

2.脳(統失)は未解明

3.患者と医者の共依存

そして最後に、統失者としての巣ごもり生活の利点を加えました。


世界を一変した新型コロナウイルスですが、異常事態のときにはおかしなヤツが炙り出されます。世の中にはおかしなヤツがこんなにうじゃうじゃいたんだということに驚きますが、すでに世界の大異変を疑似体験している統失患者ならコロナ禍でも平静を保つことができますね。


そういうテーマの映画をご紹介して終わります。

メランコリア



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/03/03


最近は新型コロナウィルスに関する記事が当ブログでも多くなった気がしています。

もともとの基本スタンスは時事的な記事や政治的な記事は避けるように努めてきたはずなんだけど、これだけ世間を騒がせ自分の身にも影響するだけでなく、過去記事を振り返った時に思い出せる材料となることから書いていくことにしました。


また、統合失調症カテゴリとして、コロナ関連の記事があまりに少ないような気がするのは私だけでしょうか? 

デマの拡散に加担したくないというブロガーも多いと思いますが、これだけ世界的な問題にされているのに取り上げないわけにはいきません、各メディアからの情報に飽き飽きしている方もお許しください。



さて、コロナウィルス感染の不安が広がるなか、ちょっと待って少し冷静になろう、というお医者さんからの記事が note にアップされていました。

1週間前の記事ですが今日気付きましたので、リンクを張っておきます。


この note には、むやみに感染の検査を受けない方が安全な理由や、少しでも感染が疑われた場合の対処など、また、もろもろの心ない批判・苦情に対する反論をやさしくていねいにされています。



こういう混乱時は、ウサを晴らす相手を求めがちですが、自身を守るためにも冷静になってみる必要があると思います。

上記のお医者さんの記事は、国難ともいえる今回のコロナウィルス感染の不安の解消に一石を投じるものになればと期待します。

一石投じる
 



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/01/15


もしあなたの家族が認知症になってしまったらどうしますか? 

あるいはあなた自身が認知症になったらどうしますか? 


いや、うちの家族は大丈夫だ。あんなに達者に喋るし、動き回るし……。

本当にそうでしょうか? 


sleep



先日のNHKスペシャルで、認知症の第一人者が認知症になってしまったというドキュメンタリーが放映されました。

80歳をすぎた研究者と奥さんや娘さんとの奮闘ぶりや、家族間の温かみが映されていました。


認知症とは、認知機能が低下し支障がきたしている状態を指します。

その多くが、アルツハイマー型認知症あるいはアルツハイマー病です。



年明けから気になっていることがあります。

妻が認知症になってしまうのではないかと心配しているのです。

きっかけは、スマホ通信料の請求書にある妻の通話料が跳ね上がっていたのを、妻にそれとなく訊ねた時です。


最初、彼女は思い出せずにいたので、かけそうなところを私から聞いてみると、初めて思い出したようでした。

その返答を聞いてびっくり。

毎年(年に一度ではあるけれど)健康診断のために通っている病院に行った時のこと。

道に迷って病院に電話し、通話しながら道を教えてもらい予約の時刻を過ぎてやっと到着したとのことでした。

どうやら最寄駅から降りたのはいいけれど、反対の方角に進んでいって道がわからなくなったのだそう。


その一件がずっと私の頭の隅に残っています。


またこんなことも。

妻が休日の日は、ヨガに通うことが多いのですが、参加したいヨガのクラスがない時は昼過ぎまで寝ています。

疲れが溜まっているのだろうと思い、私から起こすことはしません。

朝昼兼用の食事を終え、録画したドラマなどを観ているのですが、2時間おきくらいにお菓子を食べるのです。

ひとつふたつ摘むというわけでなくたっぷりと。

「お腹すいたの?」と心配すると、

「なんか食べたくなっちゃって」との答え。


いつもは好きにさせておくのですが、先の一件のこともあったのでつい口を挟んでしまったのです。

アルツハイマー病が発症したのではという心配からです。


ところで、アルツハイマー病は予防できるかもしれないのです。

原因のひとつとされる、βアミロイドという毒素が深い睡眠によって除去されるという実験結果が出たのです。

だから良い睡眠は大事なのです。睡眠不足の人は気をつけましょう。


妻の睡眠はというと、仕事の日は帰宅して夕食を摂るとドラマや映画の録画を観ながらリビングでいったん寝てしまいます。

その後は、私が睡眠中に洗濯物を畳んだり入浴したりした後に再び布団で寝ます。

でもたいていは、早朝の3~5時ころ寝室にやってくるので、私は目覚めてしまいます。


これでは良い睡眠とは言えませんよね。

βアミロイドがキレイに洗い流されていないと思います。


きちんと最初から布団で寝るよう言うのですが、あまり言いすぎると逆効果なのでほどほどにしています。

また、妻も頑固なところがあるので生活を改善しようとする姿勢は見られません。



一方で、我が身を振り返ると、睡眠導入剤を常用していますが、くすりという人為的な睡眠ははたして自然な睡眠と同等の効果があるのかどうかが気になります。

昨年から何種類かのくすりを減らしており、睡眠導入剤も2錠から1錠に減らしています。

そのせいか眠りも浅く、夜中に何度も目を覚ましてしまうのも気がかりです。


統失患者の多くが、おそらく睡眠導入剤を使用しているのではないでしょうか? 

理想としては、やはりくすり無しでも良い睡眠が取れるようになりたいものです。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/11/26


長生きしたいと思いますか? 

寝たきりの状態で長生きしたいとまでは思わない、という人も多いでしょう。

でもある日突然、医者から「長くてもあと1ヶ月の命です」と宣告されたら、ほとんどの人が戸惑うに違いありません。

やり残した事と残された時間を天秤にかけながら、生きてるうちに何ができるかを脳みそフル回転で考えてしまうでしょう。




私自身の人生は、決して自慢できるものではありませんが、それでも健康寿命は長い方がいいと思っています。(経済的な課題はありますが……。)


健康な身体で長く生きたいけれども、統合失調症という精神疾患を患っている人間(=私)は長生きできるのでしょうか? 


統合失調症患者の方もその身内の方も関心あることではないでしょうか? 



病気の質は全く異なるけれども、例えばダウン症は染色体が1本多いのが原因で発症する疾患で、寿命が健常者よりも短いとされています。



統合失調症は脳の病で、形質的に傷がある場合や神経伝達物質の異常で発症することは、既にご存知のことと思います。


その統失患者の死亡率は、ざっくり言うと、一般人口の約2倍以上とされています。

また、統失患者の生涯自殺率は10%以上だそうです。これは一般人口の12倍に当たります。

特に、初発退院後1年間の自殺率が多く、一般人口の100倍という報告があるそうです。

そして、陽性症状の時期には、幻聴から逃れたり妄想のために自殺をする統失患者がいる一方、陰性症状の時期でも、不安に耐えられず究極の選択である自殺をしてしまうことがあると言います。

山手線
 


ついでにタバコに関しても触れておきましょう。

統合失調症とタバコは切っても切れません。

統失患者の喫煙率は50%以上ですが、がんによる死亡率は低いそうです。

がん発生率は男性で健常者の67%、女性で92%という研究結果があります。

特に、高い喫煙率にもかかわらず、肺がんは健常者の38%だったそうです。

これは、向精神薬が持っている抗腫瘍効果のためだと考えられるようです。


少しは慰めになったでしょうか? 


ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/08/18


薬の量が減ったのに、薬代は増えるという逆転現象が起きた。 

日数はともに28日分だったのに……である。 


あなたも同様の経験をしたことがあるかもしれない。

或いは、薬代など気にしていない、という向きもあるかもしれない。 

いずれにしても一度は明細書をじっくり眺めてみることをお勧めしたい。

疑問点や不明点などあれば、薬剤師に気兼ねなく相談してみると良い。

 

 

今回の薬代が増えたケースには、2つの原因が重なっていた。 


1つ目の原因は明瞭で、夜間の割増料金が加算されていたのだ。

前回は薬局に出向いた時刻が少し早かったため、加算されずに済んでいたようだ。


しかし、今回の請求額の増額分は、夜間割増の加算額を超えていた。



原因の2つ目は、調剤料が増えていたことだった。

薬の量が減ったのに調剤料が増えるとはどういうことだろう。


「朝夕の薬」と「就寝前の薬」のそれぞれに調剤料が別々にかかるようになっている。

今回、朝夕の薬2種類ずつのうち1種類が朝のみに減薬された。つまり、朝は2種類服薬し、夕は1種類服薬する処方に変わったのだ。


前回)
朝:薬A、薬B 夕:薬A、薬B

今回)
朝:薬A、薬B 夕:薬A


そうすると、「朝夕の薬」、「就寝前の薬」、それに加え「朝のみの薬」といった三種類に調剤料はかかることになるという。

要は、前回は調剤料x2倍だったのが、今回は調剤料x3倍かかることとなった。


分かりにくければ、薬の入った袋の数で考えれば良いと思う。

袋の数分だけ、調剤料がかかっているというわけだ。



今回に限って言えば、薬Bは「朝のみ」にするのでなく、「就寝前」に処方を変えることで、余計な調剤料を節約することができるだろう。もちろん、薬の種類や効き目によってそれができる場合とできない場合があると思うので、主治医と相談する必要はあるが……。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加