副作用

2020/05/30


20年以上も前に統合失調症にかかり、ずっとたたかってきました。

さまざまな妄想や幻聴・幻味・幻視などの幻覚を経験し、入退院もくりかえしながら働いていました。

入院中やデイケアでは多くの患者らと活動を共にしたりしました。


ゾンビのようになってしまう方がいる一方、病気を抱えながら社会復帰する方もいました。多くはその(ゾンビと社会復帰の)中間の方々かと思います。

自分はといえば、就労は果たせぬものの、幸いよくなっていると感じています。


Patient



気持ちがだいぶ楽になったいま、なぜ統合失調症が改善しない(または、改善と悪化をくり返す)方が多いのか考えました。

身をもって経験したことに基づいて仮説を立ててみました。


統合失調症が改善しない原因は端的にいって次の3つではないかと。

1.薬

2.脳は未解明

3.患者と医者の共依存



1. 薬に頼りすぎが良くないと思います。服用する量が多いほど、期間が長いほど改善がむずかしくなるのではと考えます。


そういう処方(多量、長期間)をされている患者の中には、目や表情、動作が死んでいて廃人のようになってしまう方々が少なくありませんでした。自殺者もいました。

急性期や消耗期には、量と期間を適切に調整することが医者の力量にかかっています。私たちは服薬を守ることが大事です。

薬によっては副作用に思考の混乱や倦怠感など、社会生活に支障のあるものも少なくありません。

病状の波が小さい時や回復期にある時はできるだけ服薬量を減らすのが理想ではないかと思います。

人間の(生物の)自然治癒力あるいはホメオスタシスを信じたいところです。



2. 脳についてはわからないことが多く、いまだに未知の領域とされています。


統合失調症も本当の原因はわかっていません。古代ギリシャからすでに存在していたとされる記録が残っている病気にもかかわらず。

つまりは、どの症状にどの薬が効くのかは経験的にしかわかりません。

しかも患者により効き目が違ったり、副作用も違うので類似の薬をとっかえひっかえ試してみるほかないのが現状です。

医者は患者との問診に頼るしかなく、患者がどれだけ自身を観察し正確に報告できるかが鍵となります。

脳の中でどういう変化が起きていて、どの薬が効いているのかは患者本人だけが知って(体感して)いるのです。


発症の原因の一つに認知の歪みが考えられます。

最初期は、本人にとっては周囲の小さな異変として認識されますが、自分の理解に整合性を取ろうとして次第に世界の大きな異変に気づき、ついには発狂します。

ボタンのかけ違い(認知のゆがみ)を正すには本来のボタンホールにはめるしかありません。

1つめは、正しい情報を得ること。

2つめは、それを健全に判断し健全に理解すること。


でも、言うは易し行うは難し。

最初に正しい情報を得なければ、健全な判断・理解にも至りません。

むずかしいけれど統失の苦しさに比べれば努力する価値は大いにあります。

ただ、世の中そういうもんだとか、仕方ないじゃんとか、そういう発想の人間は精神の異常をきたす心配はないんじゃないかと思います。もともと矛盾を許容しているわけですから。健常者と呼ばれる人の中にも多いはずです。



3. 患者と医者の共依存は、病気をよくするために理性的に努力せず医者と薬にすがる患者と、病院・医院の経営を有利に運びたい医者との共犯関係が、統合失調症の改善を遠のかせます。


悪いことに、統合失調症は治らない病だという前提があることです。

自分の病気のことを勉強すればするほど、回復困難であることを知り落ち込んだことを思い出します。

「寛解」という言葉をご存知の方は多いでしょう。

病気の前と同じ状態の「完治」はしないものの、服薬しながら社会生活を営めるようになった状態を「寛解」と言います。

現状に甘んずることなく、少なくとも寛解を目指して行くべきだと思います。




以上、3つの仮説を述べましたが補足としてもう少し。


障害者とされている私たちですが、このコロナ禍の自粛生活(=巣ごもり生活)は闘病という点では好機ととらえています。


第1に、対人ストレスが最小限に抑えられること

引きこもっていても罪悪感を感じることはないし、外出したとしても人が少ない。


第2に、ボタンのかけ違い(認知のゆがみ)を正せる機会があること

世の中の矛盾や不合理があることを知り、間違っているのは自分でなく世の中の方なのだ(自分が狂う必要はなかったのだ)ということがわかる機会が多いと思います。

例を挙げれば、アベ政権のやることなすことが虚偽・粉飾・改ざん・隠蔽などなど不正の限りを尽くしています。どう考えても、為政者こそ病人としか思えません。いまだに3割以上の支持率があることすら信じられないくらいです。支持者は情弱か利権に絡む人でしょう。

他の例は、自粛警察やSNSでのいじめなどを見ても、社会が狂ってるとしか思えません。不安や文句の矛先が明らかに間違っていますよね。営業している店舗でなく早く補償すべき政府、木村花さんでなく「リアリティ」として演出したフジテレビ、に問題提起するべきでした。


第3に、経済はシュリンクしても障害年金が減ることは当面ないこと

説明は不要ですね。

ただし、今回の経済対策と来たる第2波、3波の経済対策のしわ寄せが遅かれ早かれ増税につながることは確実で、社会保障費も削られる可能性に注意が必要。



今回は、統合失調症が改善しないワケ として3つの仮説を述べました。

1.薬への依存

2.脳(統失)は未解明

3.患者と医者の共依存

そして最後に、統失者としての巣ごもり生活の利点を加えました。


世界を一変した新型コロナウイルスですが、異常事態のときにはおかしなヤツが炙り出されます。世の中にはおかしなヤツがこんなにうじゃうじゃいたんだということに驚きますが、すでに世界の大異変を疑似体験している統失患者ならコロナ禍でも平静を保つことができますね。


そういうテーマの映画をご紹介して終わります。

メランコリア



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/11/30


生活は極めて質素だと思います。

必要なもの以外は購入していません。むしろ必要なものすら十分に買っていない状況です。

若い頃は衝動買いもしましたが今では全くしていません。

収入以下の生活を送っていますので、借金は住宅ローンを除いてありません。


それなのに「首が回らない」とはどういうことか? 

首の付け根が痛くて回せない、という文字通りの意味です。 


初めは寝違えたのでは、と思っていました。

日中何をする意欲もなく、寝転がってばかりいたからではないかと。

ところが1週間経っても、一向に痛みが収まる様子はありません。

少しでも和らげようと、首の曲げ伸ばしをしたり回したりしようとしても、あまりの痛さで思うように動かせないのです。


痛みが始まったのは、前回診察でミグシスという薬が処方されてから1週間後くらいからです。

ミグシスは、片頭痛を予防する薬で、カルシウムの働きを抑えて脳血管の収縮や脳の血流量の低下を抑制する働きがあります。


以前の記事(「371 キケンな糖質制限」)で、頭痛にはハチミツが効くとお話しましたが、効き目のない時もあったので診察時に相談したところ、ミグシスが処方されたのでした。

ミグシス


服用後に頭痛から解放されたと思った矢先、首が痛くて回らなくなったのです。首の付け根の痛みは四六時中続くので、頭痛よりも返って苦しいくらいです。


ミグシスの副作用をチェックしてみても、該当する内容は見当たらないので、やはり寝違えたのかもしれません。たまたま時期が一致していたのでしょう。


寝違えだとすると、痛さを我慢して無理に動かしていたことが悔やまれます。痛くない姿勢で安静にしていれば、1週間程度で自然に治るらしいのですが、こじらせてしまったかもしれません。


「046 視界に幕が!?」

「075 薬の副作用の色々」

「145 クスリのリスク」

「157 薬のヤバい知識」




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/07/26


最近、食欲がありません。 


朝は通常、パン食にバナナとヨーグルトを頂いていますが、パンが喉を通りにくく、胸がいっぱいになってしまいます。 

なので、今朝はバナナとヨーグルトのみでした。

そういう時は、いつもなら昼にはお腹が空くのですが、昼を過ぎても食欲が湧いてきません。

昨日も食欲不振で、支度・片付けの面倒もあり、カップ麺で昼を済ませました。

今日は、まだ昼食を摂っていません。


いよいよ夏バテになってしまったのでしょうか? 

ニュースでは、連日のように熱中症で救急搬送された人数を報道していますが、幸い私はそこまでには至っていません。


ですが、日中は冷房も入れず、扇風機で凌いでいます。

もちろん身体中汗でベトベト状態です。

なぜそうしているかというと、妻が朝から暑い厨房の中で働いている間、私が家で涼しい中にいることが申し訳ないからです。


エアコンを入れるのは、妻が帰って来てからか、帰る少し前になってからです。


今年は梅雨明けが早くてまだ救いでしたが、それでも猛暑日が続いている中、エアコンなしで日中を過ごすのはさすがに辛いものがあります。

食欲がないのはそのためなのかもしれません。



あるいは、薬の副作用も考えられます。


前々回の診察から服用するようになった、レスリンです。

当初心配していた副作用(時間や場所・周囲の状況が理解できない、頭が混乱する、強い痛みを伴った勃起状態の持続、などなど)は見られず、他にも気になるような副作用はなく、安堵していました。


食欲不振はレスリン服用の結果かもしれません。

が、今の体調が維持できる限りはあまり気にせず、むしろ減量する好機と捉えていこうと思います。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/24


薬には様々な副作用があることは知っていました。 

しかし、後述するようなこんな副作用もあったのか、と再認識した次第です。 



先日4週間ぶりの診察に行ってきました。 


その際お話ししたことは、服用している薬を減らす方向で考えたい、という要望を伝えました。 

この何ヶ月間か倦怠感があるので、服用中のリフレックスの副作用ではないか? さしあたり、リフレックスをなくしたい旨を伝えました。 

先生は私の気持ちを受け止めてくださいました。 

でも、いきなりリフレックスを中止すると、眠りが浅くなることを心配し、代わりにレスリンを勧めてくださいました。レスリンは効き目が穏やかではあるが、眠りを誘う効き目もあるとの説明でした。


レスリンの服用は初めてなので、副作用がどんなものか気になりましたが、先生の提案を受け入れ1ヶ月様子を見ることになりました。 


実際の処方は、レスリンのジェネリック(後発薬)である、「トラゾドン」という薬名でした。

レスリン後発薬


薬局で受け取った、薬の説明書に目を通すと、やはり様々な副作用が列記されていました。

「発熱、発汗、めまい」などよく目にするものもあれば、「時間や場所・周囲の状況が理解できない、頭が混乱する」など気になるものもありました。というのも、7月初旬に港区赤坂で飲み会の約束があり、滅多に都心に出かけない身として今から緊張していたからです。慣れない場所で、「時間や場所・周囲の状況が理解できない」のは非常に困ります。


副作用の記述はまだ続きます。つらつらと読んでいて、思わず苦笑してしまったのは、最後にあった「強い痛みを伴った勃起状態の持続」が目に留まったからです。その状態が続くのは困りますが、強い痛みを伴うのはもっと嫌です。

薬副作用



副作用は個人差があり、出る人もいれば出ない人もいます。

困った副作用が出ないことを祈るばかりです。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/01/13


2018年になって初めての診察に行ってきました。 

 

おおよそ1ヶ月に1回の診察になりますので、その間の様子なり不具合なりを先生に報告することになります。 

去年最後の診察で、睡眠導入剤のベルソムラがなくなって以来の様子をお話ししました。

以前は、二度寝してしまったり遅くまで寝ていたのですが、目覚めが良くなりました。 睡眠も問題なく取れていると思います。 今は就寝前にマイスリーのジェネリックとリフレックスを服用しています。 

 

気になっていたのは、日中に意欲が湧かず横になってしまうことでした。

それを主治医にお話しすると、抗うつ剤であるリフレックスを2錠から1錠に減らしてみては? という提案でした。

意欲がないのに抗うつ剤を減らす??? 私の頭の中では「?」マークがいくつも点灯。 仰るには、リフレックスの副作用を軽減するためということでした。 確かに、リフレックスの副作用として「倦怠感」というものがあります。 私が表現した「意欲が湧かない」は、「倦怠感」だと判断されたのでしょう。 うつ状態というものも、かなり微妙な状態なのだなと実感されたのでした。 その渦中にいる本人が医師に的確に表現できないと、正しい処方もできないのだと思いました。


診察後、何日も経っていないのですが、就寝前に服用のリフレックスが減薬されたことで、睡眠の質は今の所あまり変わっていません。 また、日中の倦怠感・意欲不振は軽減されていると感じています。


改めて痛感することは、精神疾患を抱えたものは服用する薬のさじ加減で生活の質(Quality of life:クオリティ・オブ・ライフ)がかなり左右されるものだということです。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加