幻視

2014/12/07


みなさま、こんにちは。


少々ご無沙汰しておりました。

久し振りに投稿致します。


今回は、NHK の「スーパー・プレゼンテーション」で

放映された「幻覚が明かす 人間の脳」をご紹介します。


脳神経科医のオリバー・サックスという教授による、TED での

プレゼンです。

興味のある方は、以下の URL にてご視聴ねがいます。


英語によるプレゼンですが、字幕付きですので、

ご安心下さい。


http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/141126.html




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/09/22


再び幻聴が聞こえるようになりました。

原因は、薬を飲んだり飲まなかったり、またアルコールと一緒に飲んだりして、なおかつ睡眠時間も不規則になって来たことです。

病識を得た今となっては「幻聴」と言えますが、その時は本当に聞こえていると信じていたのです。


再発後最初のころ、ひとりでリビングダイニングにいるときに曲がどこからともなく聞こえてきたのです。

『Windham Hill Records Sampler ’86』に収録されている『Hot Beach』という曲で、現妻と結婚する前に、元カノと聴いていた曲です。4分余りの静かで幻想的な曲ですが延々流れているのです。

買ったばかりの薄型テレビから聞こえるようでしたがそうではなさそうです。リビングの中をくまなく耳を澄ませても分かりません。

耳の中で鳴っているよいうより、確かに外部から入ってくるような感じでした。


別の日には、やはりウチにいるときに、会社のある先輩と元協力会社の方(双方とも名は伏せます)の会話が聞こえてきました。

私の行動をつぶさに話し合っているのです。どうやら、ウチのマンションの真上の最上階にいて何かモニターで私を監視しながら、会話しているようでした。

行動が筒抜けになっていると感じました。


ときには何百メートルも離れた所から(感覚でそう思えたのです)、会社の同期数名(これも特定の人たち)が私のことを話しています。

私の考えも通じているようで、テレパシーをお互いに身につけているようでした。

思考までも筒抜けのように感じたのです。


幻視も体験しました。

日に日に神経がすり減り、疲れて寝室で横になっていたとき、天井が徐々に下がって来るのです。カーテンの裾が段々たるんでくるように見えたのでそう思えました。


また消灯後の暗闇で、寝室外の廊下を妻がやって来るのを透視し、大きな黒い影に吞み込まれるのを、寝室内から壁を隔てて見えたのです。

すると妻が寝室に入ってきました。薄気味悪く感じたのを覚えています。


そうして、だんだん頭の中の歯車が狂い始めるのです。




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/09/18


「ショムニ」のような総務に異動して軌道に乗ってきた頃、土日の休みには普通に起きられるようになりました。鬱に苦しんでいた頃は、午後2時とか3時まで起き上がれなかったのです。

妻とふたりでのショッピングも苦痛だった時と違い、今や3人(つまり家族がひとり増えています)でのショッピングも普通にできるし、散歩もするようになっています。


そんなある日、近所で大規模な新築マンションのモデルルームがオープンしていたので、ベビーカーを押しながら3人で立寄ってみました。その日は別の予定が詰まっていたので、ゆっくりは見られませんでしたが、すっかり気に入ってしまいました。

そうです。このマンションを買おうと思い立ったのです。今まででそしてこれからも多分一番高価な買い物をしようと、一瞬で決意したのです。つまりは衝動買いです。


翌日再びモデルルームを訪れて、1つ1つ説明を受けながらいろいろ見て回ったあと、早速オプションを決め契約してしまいました。(説明員の女性も魅力的でしたが……(笑))

ローンを組むとしたら、会社員であるうちに(いつまで辞めずにいられるか分からないし)ということと、住宅ローン減税が終了する前に(その後延長されましたが)といことも、また低金利(その後も下がり続けましたが)である今しかないと思ったのです。


・・・それから1年半後、予定通り竣工を迎え、無事新居に移り住みました。すきま風の吹いていた団地とは違い、より広く快適で見晴らしも抜群です。住宅ローンを組む目安としては、年収の5倍までと言われていますが、ちょっと予算オーバーしたかも知れません。


新居に慣れた頃、不思議なことがありました。

玄関には人感センサーが装備され、人を感知するとライトが一定時間点灯するのですが、ある時だれもいないのに、玄関の明かりが点いたのです。廊下突き当たりのリビングルームからはっきりと見えました。

数年後にも、同様のことが起きました。幻視ではないはずです、妻も目撃しているのですから。だとしたら、霊か何かか? 霊は電気製品類に影響を及ぼすことがあるとも聞いたことがあるし。


ちなみに妻方の親類に霊が見える(あるいは感じる)人がふたりいますが、ふたりともそれぞれ別々に来訪したときに、このウチは大丈夫だ(何も感じない)とおっしゃっていました。


何か釈然としませんが、今のところ再現はしていません。




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/08/26


ここで一息入れて、本題では触れきれない話題について説明を簡単に

補足したいと思います。


ひと口に「幻覚」といってもいろいろあります。

一般的に「幻覚を見る」などと言うこともありますが、この場合厳密

には「幻視」のことを指します。


以下、幻覚の種類。

・幻聴:対象がないのに音や声が聞こえてくる感覚。

    「げんちょう」と読みます。

・幻視:対象がないのに人や物が見える感覚。

    「げんし」と読みます。

・幻味:対象がないのに味がする感覚。

    「毒を盛られた」と訴える患者もいます。

    「げんみ」と読みます。
    ただ、亜鉛不足により、味覚が鈍ることもあります。 

・幻嗅:対象がないのに臭ってくる感覚。

    「げんきゅう」と読みます。

・幻触:対象がないのに誰かに触られたり、

    虫がはいずるといった感覚。

    「げんしょく」と読みます。


統合失調症においては、主に幻聴が見られると言われています。





以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加