意欲減退

2016/05/15


会社員時代で消耗期の時は、

通勤するだけでも苦痛だった。


ある時、どうしても耐えられずに、

途中の駅で扉が閉まる直前に、

飛び降りてしまった。


しばらく様子を見ていたが、

通勤できそうにないので

会社に電話し、体調不良の旨を伝え、

急遽休むことにした。



駅を出てぶらついていたが、

書店に入ってみた。


平置きしている書籍たちを

ざっと見ると、目に飛び込んできた

本があった。残り一冊だった。


まるで、私のために残されていて、

私に購入されるのを待っているように

思えたので、迷わず購入を決めた。


その本のタイトルは

賢く生きる智恵

という翻訳本だった。


17世紀にスペインで書かれ

世界中の言語に翻訳された

というこの本の中身を

一部ご紹介すると、


・利口になりすぎない

 利口になりすぎてはいけない。利口であることより良識があることのほうが大切だ。鋭すぎる剣は刃先が曲がったりこぼれたりしやすいように、必要以上にものを知ると、かえって知性がなまくらになる。常識的な真実が一番確かだ。…(省略)…


・嘲笑されてもやり返さない

 …(省略)…あからさまな嘲笑も明るく受け流してこらえれば、実力のほどを示せる。…(中略)…放っておくのが一番だ。自分まで愚か者になるのを避けるには、それが何より確実な方法である。…(省略)…



その他にも

・はじめに手の内を見せない


・突飛なふるまいをしない


・小さな不幸を甘く見ない


・やるべきときにやるべきことをやる


等々 287の教えが詰まっている。

(『賢く生きる智恵
バルタザール・グラシアン 著)



私が購入したのはハードカバーだが、

現在は電子書籍を廉価で買えるのは

少々悔しい気もするが、

その当時は、

「やるべきときに

 やるべきことをやる」

を結果的に実践したと思えば

納得しない訳にはいかない。



ところで、最近は

絶望手帖

が気になっている。





ポチって頂けると励みになります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/01/14


ちょっとショッキングなタイトルになってしまいまして

すみません。

文字数を考慮したらこうなってしまいました。



さて、話は私たち夫婦に子供が産まれた頃にさかのぼります。


私たち家族は、赤ちゃんを真ん中にして「川」の字になって

寝ていました。

朝一番に起きるのは私で、我が子の純真無垢な寝顔を眺めて、

後ろ髪を引かれつつ会社へと向かいます。


誘惑に負け休んでしまう日もありました。


よく耳にするのは、「子供が産まれたから今まで以上に仕事に

頑張れる」とか「精が出る」というフレーズですが、

正直に白状すると、私にそういう感覚はありませんでした。


私にすれば、寝顔を見て(会社なんぞに行っている場合ではない)

と感じていたのです。

この感覚をことばで説明するのは、ちょっと難しいのですが

一言で言えば、おそらく父性とか母性とかいうものなのでしょうか。


私が統合失調症を患っていて、鬱状態あるいは意欲減退の状態

だったからなのかもしれません。


読者層の想定は、統合失調症の当人か身内の方々であって、

年齢・既婚未婚は特に限定しませんが、分かるひとには分かって頂ける

のではないかと願っています。


あるいはこう考えることもできるでしょうか。

会社の歯車として役割を与えられている間に、親の助けを必要とする

我が子が、短い赤ちゃん時代を終えてしまうという焦り。

「会社の歯車」と「親」の役割をてんびんにかけたら、「親」の方が

私の場合は重かった。



今日読んだ電子書籍にこんな箇所がありました。


<……ポンペイの歴史研究の先生に「未来社会では、古代ローマでの奴隷にあたるのが、コンピュータになるんですよね」と訊いてみたのですが、「いやあ、その頃の奴隷にあたるのは、いまのサラリーマンでしょう」と、さらっと言うんです。……生涯賃金がある程度決っていて、階級が上がらないような仕組みができている。なるほどそれは、古代ローマの奴隷と同じかもしれない。>(『インターネット的 』糸井重里 著 より)


私が当時、感じていたものはこれだと思いました。



そう言えばかつて、「社畜」ということばがありましたよね。

会社勤めというと、そういうイメージが今でも私の中に残っています。


「社畜」はサラリーマンを揶揄(やゆ)したこどばですが、

今では「ブラック企業」という、会社側にあてたことばもありますね。


(勤めていた会社がブラックだと言っている訳ではありません。)


引きこもりが終わるのはいつのことか……


以下ボタンをクリック頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加