新型コロナ

2020/05/30


20年以上も前に統合失調症にかかり、ずっとたたかってきました。

さまざまな妄想や幻聴・幻味・幻視などの幻覚を経験し、入退院もくりかえしながら働いていました。

入院中やデイケアでは多くの患者らと活動を共にしたりしました。


ゾンビのようになってしまう方がいる一方、病気を抱えながら社会復帰する方もいました。多くはその(ゾンビと社会復帰の)中間の方々かと思います。

自分はといえば、就労は果たせぬものの、幸いよくなっていると感じています。


Patient



気持ちがだいぶ楽になったいま、なぜ統合失調症が改善しない(または、改善と悪化をくり返す)方が多いのか考えました。

身をもって経験したことに基づいて仮説を立ててみました。


統合失調症が改善しない原因は端的にいって次の3つではないかと。

1.薬

2.脳は未解明

3.患者と医者の共依存



1. 薬に頼りすぎが良くないと思います。服用する量が多いほど、期間が長いほど改善がむずかしくなるのではと考えます。


そういう処方(多量、長期間)をされている患者の中には、目や表情、動作が死んでいて廃人のようになってしまう方々が少なくありませんでした。自殺者もいました。

急性期や消耗期には、量と期間を適切に調整することが医者の力量にかかっています。私たちは服薬を守ることが大事です。

薬によっては副作用に思考の混乱や倦怠感など、社会生活に支障のあるものも少なくありません。

病状の波が小さい時や回復期にある時はできるだけ服薬量を減らすのが理想ではないかと思います。

人間の(生物の)自然治癒力あるいはホメオスタシスを信じたいところです。



2. 脳についてはわからないことが多く、いまだに未知の領域とされています。


統合失調症も本当の原因はわかっていません。古代ギリシャからすでに存在していたとされる記録が残っている病気にもかかわらず。

つまりは、どの症状にどの薬が効くのかは経験的にしかわかりません。

しかも患者により効き目が違ったり、副作用も違うので類似の薬をとっかえひっかえ試してみるほかないのが現状です。

医者は患者との問診に頼るしかなく、患者がどれだけ自身を観察し正確に報告できるかが鍵となります。

脳の中でどういう変化が起きていて、どの薬が効いているのかは患者本人だけが知って(体感して)いるのです。


発症の原因の一つに認知の歪みが考えられます。

最初期は、本人にとっては周囲の小さな異変として認識されますが、自分の理解に整合性を取ろうとして次第に世界の大きな異変に気づき、ついには発狂します。

ボタンのかけ違い(認知のゆがみ)を正すには本来のボタンホールにはめるしかありません。

1つめは、正しい情報を得ること。

2つめは、それを健全に判断し健全に理解すること。


でも、言うは易し行うは難し。

最初に正しい情報を得なければ、健全な判断・理解にも至りません。

むずかしいけれど統失の苦しさに比べれば努力する価値は大いにあります。

ただ、世の中そういうもんだとか、仕方ないじゃんとか、そういう発想の人間は精神の異常をきたす心配はないんじゃないかと思います。もともと矛盾を許容しているわけですから。健常者と呼ばれる人の中にも多いはずです。



3. 患者と医者の共依存は、病気をよくするために理性的に努力せず医者と薬にすがる患者と、病院・医院の経営を有利に運びたい医者との共犯関係が、統合失調症の改善を遠のかせます。


悪いことに、統合失調症は治らない病だという前提があることです。

自分の病気のことを勉強すればするほど、回復困難であることを知り落ち込んだことを思い出します。

「寛解」という言葉をご存知の方は多いでしょう。

病気の前と同じ状態の「完治」はしないものの、服薬しながら社会生活を営めるようになった状態を「寛解」と言います。

現状に甘んずることなく、少なくとも寛解を目指して行くべきだと思います。




以上、3つの仮説を述べましたが補足としてもう少し。


障害者とされている私たちですが、このコロナ禍の自粛生活(=巣ごもり生活)は闘病という点では好機ととらえています。


第1に、対人ストレスが最小限に抑えられること

引きこもっていても罪悪感を感じることはないし、外出したとしても人が少ない。


第2に、ボタンのかけ違い(認知のゆがみ)を正せる機会があること

世の中の矛盾や不合理があることを知り、間違っているのは自分でなく世の中の方なのだ(自分が狂う必要はなかったのだ)ということがわかる機会が多いと思います。

例を挙げれば、アベ政権のやることなすことが虚偽・粉飾・改ざん・隠蔽などなど不正の限りを尽くしています。どう考えても、為政者こそ病人としか思えません。いまだに3割以上の支持率があることすら信じられないくらいです。支持者は情弱か利権に絡む人でしょう。

他の例は、自粛警察やSNSでのいじめなどを見ても、社会が狂ってるとしか思えません。不安や文句の矛先が明らかに間違っていますよね。営業している店舗でなく早く補償すべき政府、木村花さんでなく「リアリティ」として演出したフジテレビ、に問題提起するべきでした。


第3に、経済はシュリンクしても障害年金が減ることは当面ないこと

説明は不要ですね。

ただし、今回の経済対策と来たる第2波、3波の経済対策のしわ寄せが遅かれ早かれ増税につながることは確実で、社会保障費も削られる可能性に注意が必要。



今回は、統合失調症が改善しないワケ として3つの仮説を述べました。

1.薬への依存

2.脳(統失)は未解明

3.患者と医者の共依存

そして最後に、統失者としての巣ごもり生活の利点を加えました。


世界を一変した新型コロナウイルスですが、異常事態のときにはおかしなヤツが炙り出されます。世の中にはおかしなヤツがこんなにうじゃうじゃいたんだということに驚きますが、すでに世界の大異変を疑似体験している統失患者ならコロナ禍でも平静を保つことができますね。


そういうテーマの映画をご紹介して終わります。

メランコリア



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/05/17


つい先日(5月14日)、政府は一部をのぞき緊急事態宣言を解除しましたね。

宣言を解かれたことで、自粛疲れしていた人々はさっそく街や行楽に出ていたようですが、TVのインタビューに答える街ゆく人や店主は、空気を読んで罪悪感を抱いていたり恐る恐るといった様子でした。


きっと多くの人が、まだ警戒心をゆるめていないと思います。

だってこの外出自粛の期間中、つまりコロナ対策すべき猶予のあいだ、政府は主要国に比べて大した手が打てていないことを多くの人が知っていますから。

もっと言えば、中国武漢での感染拡大を知った(少なくとも)1月以降、何も準備していなかったためにダイアモンド・プリンセス号でドタバタ劇を演じてしまったわけです。


ダイアモンド・プリンセス号の件のあとの対応はみなさんご存知のとおり。

アベは官僚の作文を読み上げるばかりで危機感も国民に対する想像力も皆無。

言うセリフは、大げさな形容詞や副詞(「世界に類を見ない」など)と「専門家会議の意見を参考に」という責任逃ればかり。その専門家会議は感染拡大のフェーズが移っても、あいかわらずクラスターの追跡に明け暮れるありさまです。


頑張っているのは、前線に立つ医師や看護師たちを筆頭に、インフラを支える人たちやその人たちをまた支える人たち。頭が下がるしいくら感謝してもしきれません。


政府は外出自粛のコントロールをしていれば、いずれコロナは終息するとでも思っているのでしょうか。


治療薬やワクチンの開発・承認を急がなければ、まちがいなく第2波、第3波……はきます。

しかもタイムリミットがあります。

医師たち・看護師たちの気力と生命が続いているあいだなのです。

私たちができることは、医療関係者に負担をかけないこと、つまりは感染を避けつつ祈ることくらいでしょうか。


そしてアフターコロナは来ないと思います。来るのはウィズコロナの世界です。

lockdown
 


ウィズコロナの世界が到来したら、社会は大きく変わると思いますが、個人的な生活は変わりません。

何しろこれまで10年近く自粛生活をしてきたわけですから。

一般的にはそれを「引きこもり」と言うらしいですが、私は時に「隠遁」と呼んできました。

今は人と接しないことが推奨されるので、むしろ堂々とそしてのびのびと自粛生活=引きこもり=隠遁生活 を送っています。




ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  




 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/05/06


みなさん、巣ごもり生活いかがですか? 

「引きこもり」というとこれまではマイノリティでしたが、「巣ごもり」と言い換えるだけで今やマジョリティですね(笑)。


外に出ることは滅多にないので、家にはまだマスクの在庫はあるのですが、感染の流行がこれから第2波、第3波と来ないとは言い切れません。


近い将来、マスクが少なくなってきたからそろそろ買い足ししよう、と思っても依然として品薄状態が続いていることも想定できます。

マスク完売
 


いざマスクが必要な時に買えないとなると、エチケットとしては不安です。

ましてや、マスクしてないだけで事件に発展したり、自粛要請に従わない飲食店に対する嫌がらせや、「自粛警察」と呼ばれる「自警団」まがいの一般庶民があちこちで湧いている状況をニュースで知れば、「マスク武装」は最低限のたしなみと思います。


というわけで、まだマスク在庫はあるものの、ネット販売で購入しました。

話題のSHARP製のマスクは抽選で落選してしまいましたが、

アイリスオーヤマでは先着制で、4月下旬から試みてなんとか購入できました。

買えたマスクの数はわずかでしたが、高性能・格安でしたので満足です。

家に届くのはまだ数日かかります。
毎日13:00から受け付けているようです。

アクセスが集中してなかなか注文するのは難しいですが、必要な方は試してみてはいかがですか?



後日、届きました。

Mask



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/04/29


なんだか新型コロナに感染しているんじゃないかと不安になる。

高熱だとか息ができないということはない。

じゃあ気のせいかといえばそうなのかもしれない。


COVID


でもタバコが美味しくないのだ。

これを機に禁煙すべきだろうけどやめられない意志の弱さよ。

とはいえ1箱で1週間くらいのペースなのでそれほど吸っている方ではないと思う。

その限られた喫煙タイムがいつもと違う。

のどの奥というか気管支あたりが締め付けられるように苦しい。

肺も少し痛む。


それと気になる記事を目にした。

感染者の足の指に「しもやけ」に似た症状が現れる、というものだ。

今年は暖冬だったというのに、私の足指に軽い「しもやけ」ができたことを加齢による血行不良のせいだと思っていた。


それに加えて毎日のように襲う頭痛。



4月は1度だけ買い物に出ただけだ。

それも早朝のコンビニだったので、店員以外とは接しなかった。

あとは週に1度運んでくれる生協のあんちゃんと、郵便屋さんに宅配業者くらいだろうか、接触したのは。

もちろん家族と一緒に暮らしていて、妻と娘は週に2~3度買い物や用事で外に出ているのでそこから感染する可能性もなくはない。


娘がここ最近、下痢が続いているというのも気になる。


重症化する人は数時間のうちに悪化するというから、

これから何日間かは体調の変化に目が離せない。


でも幸いなことに体温は変わらず低いので、

ほかに何か変化があったら家族間で共有できればと思う。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/04/06


時節柄、みなさん衛生にいっそう気を配っていることと思います。

首都圏では緊急事態宣言があすにでも出るもようなので、これからは外出するにも人の目が気になるところです。

covid-19
 


私はといえば、月1回の診察以来、1度だけ買い物に出たのみです。

と言ってもコロナ発生以前からの生活と大差ないのでストレスではありませんが(笑)。


私の生活は変わりないのですが、いま社会の状況は日々深刻になっています。

なので、診察にもしばらく行くのは控えようかと先月から思案してます。

以前の記事で書いたようにクリニックはオンライン診療には消極的です。

わざわざ都心までウィルスの巣窟に入っていくことはないのではないかと思っているので、予約をキャンセルをするつもりです。


だって、もしいま感染したとしたら、すぐに検査を受けられるかどうかわからず、

しかも重症だったとしても、その時点で病院のベッドや医療機器が割り当てられるかどうかわかったものではありません。

自宅療養ですむとしても、今度は家族に危険が及びます。


そこまでリスクを冒して、診察に行くメリットは感じません。

もちろんくすりが足りるかどうかは心配ですが、幸いにしてこれまで時間をかけて服薬量を減らしてきました。


抗精神病薬であるエビリファイは断薬することはできないので、錠剤を割って飲む量を半分にするなり、1日おきにするなりして、なるべく長引かせようと考えています。

睡眠導入剤のマイスリーについては、飲まずに済めばそれに越したことはありません。理想は自然な睡眠です。

それ以外のくすりは気休めなので、なくなっても大きな問題にはなりません。


うまくやれば、2ヶ月くらいは持つのではないかと思われます。


家族を守るためにできることは、まず自分が感染しないことです。

家族を守ることができれば、家族と関わる人たちも守れるし、ゆくゆくは医療崩壊を防ぐ助けになればと願っています。



ランキングがご覧になれます。
ポチって頂けると励みになります。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  





  • このエントリーをはてなブックマークに追加