異動

2014/09/19


総務に異動してからは、比較的落ち着いて仕事ができるようになっていました。とは言え、発症前よりはパフォーマンスは落ちていますが……

グループリーダーも部長も病気に対して寛容だったことが救いでした。あるいは、問題社員が多かったため目立たなかったことも一因であったかもしれません。その頃の病状は比較的安定しており、その中にあっては、まともな方だったと言えるからです。


それでも数年経つと、気分は徐々に落ちていきました。しばらく低空飛行が続くと、リーダーと部長に医者を変えてみることをアドバイスされました。私の体調が悪化しつつあったからです。

私はそのアドバイスに従い、社内にある診療所に見て頂くことにしたのです。その診療所には、某大学附属病院から週1回先生がいらしていました。

今までの経緯をお話すると、処方を変えながら様子を見ました。後にその先生が語っていましたが、この手の病気に関しては日本人は欧米人にくらべ繊細で薬のさじ加減も微妙である、ということです。


ところで、みなさんもご存知かと思いますが、私たちが飲んでいる薬は効き目が現れるまでに最低1週間前後かかります。また、飲むのを止めても、半減期といって、身体から薬の効き目がなくなるまでに時間がかかるのです(薬により半減期は異なります)。

そして、薬の作用にも副作用にも個人差があり、万人に同じように効く薬はないのです。だから同じ精神疾患、同じ症状でも薬の効果や副作用の組み合わせは患者の数だけあると言っても過言ではないでしょう。薬と病者の相性があるのです。


今回、医者を変えたのは正解だったと思います。上司に背中を押されなかったら、医者を変えようという考えには至らなかったと思います。


ただし、薬だけで治るというものでもありません。統合失調症は脳の病気(脳内の伝達物質の不具合によるもの)であり、薬は必要ですが充分ではありません。認知行動療法などのリハビリも必要だと言われます。




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/09/17


とある大手通信会社のシステムの一部を担当させて頂き、開発から安定稼働・機能拡張・保守まで、3~4年ほど受け持ったでしょうか。あるときそのシステム担当を先輩に引き継ぐよう命じられました。

三度の休職の末に私の面倒を引き受けて下さった部長はすでに退社して他社に移られています。現部長はおそらく私の病気のことをそれほどご存知ではないと思います。

引き継ぎの後しばらくして、部長に呼ばれ異動を命ぜられました。異動先は企画開発の部署です。今にして思えば、私を異動させるための手はずを整えていたのかも知れません。


最初のうちは、緊張感が勝ったからか陰性症状もあまり感じませんでした。また幻聴や妄想といった陽性症状もありませんでした。初仕事は半月くらいで調査資料を作成することでしたが、直属の上司からお褒めの言葉も頂戴するほど、回復したかに見えました。

その後は、既存システムの運用や新規システム開発など受け持ちましたが、一年くらい経った頃、鬱が頭をもたげてきたのです。朝一の他社との会議に欠席したり、新規システムの稼働時に一部機能を実装できなかったりして、徐々に信頼を失っていったと思います。


二年弱が過ぎた頃、その部署が解散ということになり、私はまた異動することになりました。異動先は新たに発足される営業部隊です。行き場にあぶれる人たちが集められました。ほとんどが営業職未経験者で、3週間ほど研修を受けました。

同様に、最初は順調で、早い段階で商材を売り上げることができました。一年以上経つとまたもや鬱に襲われるようになりました。

担当するお客様の中には打ち合わせのドタキャンを重ねる人もいて、同じように精神疾患なのかな、と思うこともありました。自分がそういう状態なので、同情こそすれ反感は抱かずに済みました。


その営業もまたもや解散を迎え、次の異動先はシステム周りの総務的仕事の部署でした。ここでも、何かしら問題を抱えた人たちが集められたようでした。精神疾患を抱えていそうな人、出向先から戻ってきたら元いた部署がなくなっていた人、単につかえなさそうな人などなど……。TVドラマの「ショムニ」のようなところでした。


こうして色々な部署を転々とすることになりましたが、考えようによっては、様々な経験ができたし、会社を辞めてしまって勤め先を転々とするよりはまだマシだったのかな、とも思っています。

あなたがもし会社を辞めたいと思っているのなら、ちょっと立ち止まって考え直してみて下さい。被雇用者は法律上、会社が解雇できないよう守られていますので、会社側としては自分から辞めて欲しいと思っていることもあります。

どうせ他に食い扶持を探さなければならないのなら、食い下がって今の会社でふさわしい部署がないかどうか人事あるいは上司に相談してみてからでも遅くはないと思いますよ。つまり、社内で職探しをするのです。

そこまでして今の会社に居たくない、と言うのならそれからでも遅くないと思いますよ。




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/08/20


私の担当したプロジェクトが一段落した、ある日のミーティングで

課長が言いました。上からの命令でウチの課から一人出さなくては

ならないということでした。


別の部で数名を必要としており、会社としてもこれから力を入れていく

分野であると言います。そして、当課では私に白羽の矢が立ったのです。


同期たちが送別会を催してくれました。そこで言われたのは、

あそこの部署なら栄転だ、同期の出世第一号だ、ということです。


2週間の研修の後、同期の期待を背負って新天地に向かいました。

関連書籍を購入しては休日に勉強もしました。精神的なプレッシャー

はありましたが、何とか周りの人に追いつこうと頑張っていました。


そんな中、夕方に突然内線の電話がかかってきました。電話の相手は

以前の課の人でした。ちょっと話をしたいので来てくれないか、

というのです。何かイヤな予感はしましたが、その予感が的中する

ことになろうとは思ってもいませんでした。




以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加