認知症

2015/05/15


先日のこと。

精神神経科の診察を終え、会計する時でした。



私の通う病院では、診察終了時に先生が印書した書類などを

別フロアーの会計カウンターに渡し、番号札を受け取ります。


自分の番号がディスプレイに表示されたら、自動会計機で

支払いを済ませます。


印字された領収書と、番号札を持って、再び会計カウンターに

見せると、記入済みの自立支援医療受給者証のノートが返されます。



月に一度この手順を踏んでから、薬局に向かうのですが、

今回は違いました。


お願いしていた、障害年金のための診断書をついでにもらう為

文書カウンターに先に寄ったのです。


そうしたら、会計を済ませてもう一度来て下さい、と言われました。


さて会計へ、と思ったらどうしたことでしょう?

会計するにはどうするんだっけ???

と、しばし立ち尽くしてしまいました。


いつもやっていることなのに、分からないのです。

待っている患者さんたちが手にしている番号札を私は持っていない。


はて、番号札はどうやってもらうんだっけ???


やばい! 思い出せない! 若年性認知症の始まりか!?

あせるほどに混乱してきたので、文書カウンターの方に訊いて

やっとのこと思い出したのです。



手順が1つ加わっただけなのに、混乱してしまったのです。

いつも会計の際、いかに考えずに行動していたか、

ということの現れでしょうか。


みなさんは、そのようなことはありませんか?


一連の動作の流れが、1つ変わっただけなのに、

戸惑ってしまうようなことは?



それにしても、認知症がちょっとした物忘れから始まる、

とよく耳にしますので気になる所ではあります。


今後の自分の思考に注視していこうと思います。


それではまた次回。




心の病は脳の傷



以下ボタンをクリック(タップ)頂けると励みになります。

統合失調症 ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加